2013年09月26日

レイソルと日程・制度の問題=日本サッカーの未来

3年もの間更新しなかったうちにレイソルは強くなった。

その間何も書いていなかったわけではなく、ツイッターはしていた。
(アカウントは @suns_son フォローしてね)

ツイッターでつねづね言ってたことは、「連続投稿はやめよう」。
長文を140文字前後に分割しての連続投稿は読みづらい。ブログに書いて、誘導リンクを貼っとけばいいのでは、と。

その自分が、昨日のACL広州恒大戦の敗戦を受けて、連続投稿をした。リツイートしてくれる人もいて嬉しく思ったが、やはり当初の主義を曲げての連投はあまりするべきではないとも思った。
ちょうどブログの再開を考えていたこともあり、その連続投稿のまとめも含めてここに記し、ブログの再開とする。

----------

ACL準決勝のホームで広州恒大に1−4の敗戦。ACLでは今季初の負け、決勝進出のハードルは高くなった。

後半に足が止まりだしてから続けて失点したことから、過密日程の影響が取りざたされている。ツイッター上にも日程の配慮をしてくれないJリーグや協会への不満が見られる。

確かに日程的に非常にしんどい。28日の新潟戦は制裁覚悟でベストメンバー規定を無視してターンオーバーしたいくらいだ。
(まあ、規定内ではやるだろうが)


しかし、レイソルサポであるならば、この時点で日程や制度に不満を言うのは慎みたいと思う。
理由はいくつかあるが、最も重要だと思うことを書きたい。


なぜ今ではないのか?
それは、この問題はレイソルのみならず日本サッカーの未来を左右する非常に大きな問題であることに起因する。


この日程問題は、今年はレイソルにのみ課されている問題だが、来年以降はどうなのか?

現行でも過密、ましてや最近取りざたされている2ステージ制の導入などになった場合、ACLに出る日本のクラブは超過密スケジュールと戦うことになる。

それはJクラブである以上、すべてのクラブが直面する可能性がある。

幸か不幸か、今年はこの問題に直面しているのはレイソルのみ。ここで不平不満を表に出してしまったらどうなるか。


単なる「レイソルとJリーグの間の問題」とされてしまうかもしれない。


そうではないのだ。ひとつのクラブの問題ではないのだ。


日本を代表して国際試合を戦うクラブが、万全の状態で試合に臨めない。実力を発揮できないまま惨敗し、その舞台を去り続ける。

何が待っているか?

まず、日本のACL出場枠が減らされるだろう。それはJリーグの国際的価値の下落につながる。

トップリーグの没落は日本サッカー全体の地盤沈下に直結し、ここまでW杯に5大会連続出場を決めている日本代表の弱体化、アジア予選の突破も難しくなる。

「海外組がいる」と言う人もいるだろうが、(最初から海外という例外を除き)そもそも国内リーグのレベルが下がってしまっては、まず海外移籍ができないという現実が待っている。

Jリーグ設立の目的のひとつに「日本代表の強化」があるが、現在ある問題を解決できなければそれもなし得なくなる。

これはもう負のスパイラルだ。

現在はまだ、それを回避することができる段階にある。というか、岐路に立たされていると言える。


この日本サッカー界にとって極めて重要な制度・日程問題を、「単なるひとつのクラブだけの問題」としてすり替え・矮小化されるのは何としても避けなければならない。


レイソルのACLの戦いは、「日本の財産」だ。
なぜ財産なのか。それは、「日本のクラブ代表が過密日程の中で戦ったらどうなるかの実証」だからだ。

レイソルが本気でACLを獲りにいっているのは、Jリーグを見ている人なら誰もが知っている、というかすぐわかる。だから他クラブのサポも応援してくれる。

置かれている状況の中で最善を尽くし、その姿を見て周囲が「これはつらい」と思えば、すべてのサッカーファンを巻き込んだムーブメントになるはず。
その動きがJリーグを動かし、先ほどの負のスパイラルとは逆の好循環が生まれるはず。

そして敗退しても、決勝に進出しても、優勝しても、結果がどうあっても、レイソルのACLの戦いは日本サッカー発展における貴重なデータだ。
現在はまだ、この壮大な実験の途中であり、結果が確定していないうちはデータにならない。


だから、声を上げるのは戦いの後でなくてはならないのだ。今の状況の中でどう戦い、どのような結果を残したのか、すべてが出そろってからでなければJリーグにも協会にもデータを突きつけられない。


結果がどうあれ、この日程・制度の問題を「いちクラブ対Jリーグの問題」ではなく「日本サッカー発展のための提言」にしなければならない。

だからレイソルは、日本サッカーの未来を賭けて戦っているのだ。
下を向くにはまだ早い。
posted by SUN'S SON at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

チームには賞賛、サポには苦言

前泊と試合後に岐阜泊。起床時間が早かったので、7時半ののぞみに乗って10時半に帰ってきた。

ピッチコンディションについては、あまりハンデにならなかったと思う。実は岐阜も、このピッチで戦うのは三戦目。それほど攻略しているとはいえない状況だったからだ。
後半残り15分でいささか緊張が緩んだ以外は、終始安定していたと思う。とりわけ両サイドバックがほとんどの時間 を攻撃に費やせたことで、レアンドロや澤との連携がはまりまくり、クロスが気持ちいいくらいに上がって、結果的にいい得点の重ね方ができた。
(1点目は一瞬「オフサイド?」と思ったが)
とにかく先発の両FWが結果を残したことは、今後のことを考えても大きい。
中盤では栗沢が君臨していた。岐阜のチャンスを潰しまくっていたね。
またあまり気づかない点ではあるが。和のスタミナが落ちなかったのも勝因の一つにあげてもいいと思う。

ただ、このようにすべてがいい方に作用する試合は少ないので、「勝って兜の緒を締めよ」の心構えで次節に臨んでほしいと思う。次の徳島戦は、 間違いなく厳しい試合になるから。


話は変わって、バックスタンドアウェー側に陣取ったコアサポの方々には少々苦言を呈したい。

声出しは素晴らしかった。岐阜サポに全然負けていなかった。勝利への熱い思いは、岐阜を凌駕していたと思う。

ただ、見えないところでルール違反が散見されたのはいただけない。

僕がはっきりと確認できたのは、鳴りもの禁止の長良川球技メドウに拍子木を持ち込んだことくらいだが、その他の友人もしくはその友人の友人である岐阜サポが見たこととして、緩衝地帯の柵を動かした・取り払ったこと(これは僕も遠目に見えた)や弾幕張りのルール違反(場所や時間)、一部暴力沙汰もあったらしいというのもある。

実際、試合中はコアサポの周りは警備の人がぐるりと取り囲んでいた。

「鹿島や浦和はもっとひどい」という声も当然あるし、実際鹿島サポには苦い思いをさせられた。

でも、比較論じゃない。

メドウは民家の中にある小さなスタジアムで、制約がたくさんある。そこに日立台と同じ基準で事を進めること自体に根本的な間違いがあるのではなかろうか。 アウェーチームのサポーターはホームクラブの運営に支障を来さないよう、ホームクラブのルールに従う義務がある。自分たちのホームスタジアムの基準を 持ち込み、それに目をつぶれというのはもってのほかだ。
こんなことを続けていれば、全てのJ2クラブやサポから嫌われ、どこに行っても色眼鏡で見られることは火を見るより明らかだ。

他クラブの楽しいホームの雰囲気を壊す権利など、我々には皆無であることを肝に銘じてほしい。
僕も改めて考えさせられた遠征だった。
posted by SUN'S SON at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

祐三交代の意図

愛媛の守備はやっぱり堅かった。とにかく寄せが、出足が速い。
それだけでなく、その後の展開やカウンターも素早くて脅威だった。

それにしても前半と後半で攻勢が全く変わっていた。
後半に守勢に回ったのは、祐三が何らかの理由で交代したことでレアンドロ・ドミンゲスが前めでプレーできる機会が減り、その結果愛媛の攻勢を強くさせたこと、橋本和のスタミナ切れで左サイドからの攻撃の機会と精度が落ちたことなどが原因だと個人的には思っている。
ネルシーニョもスタミナ面から考えて、本当は藏川を和と代えたかったと思うが、祐三と代えた理由は?だいたい3つくらい思いつく。

1.甲府戦に向けての温存
2.「守りきる」というメッセージ
3.アクシデント

2にしては時間が早すぎる。おそらく1か3だろう。

祐三の温存なら非常に単純明快。今年は例年にも増して、両サイドの攻撃参加が重要になっているからだ。オーバーラップした祐三とレアンドロのホットラインは相手の脅威になっている。
また、和もまだまだスタミナに難があるものの、得点に絡むプレーを見せている。今後和がスタミナをつけてくれば、前半のようなサッカーを後半も続けられるだろう。

祐三のブログにはそのことには触れられていない。
彼が怪我したとすれば…ちょっと心配。でもその場合は、次節はクラだろう。パフォーマンス的に落ちることはないと思っている。

次は大逆転勝利で5連勝中の甲府とアウェー。とはいえこちらも3連勝だ。勢いを手堅さで止めようではないか。
posted by SUN'S SON at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

しばらくです

更新を停止してから、はや5ヶ月も過ぎてしまった。

レイソルは降格し、J2からの再出発となった。

書けないのは体調のせいだとはいえ、去年の総括をしなかったのは、今思えば痛恨だ。これからでは何を言っても仕方がない。もうJ2は始まっているのだ。
今言えることを書いていくしかない。

いうまでもなくJ2は、前評判が高いチームが巷で言われるほどサックリ上がれるような甘いリーグではないないことは、2006年を経験した誰もが知っている。
ましてや今年は例年になく拮抗している感がある。 現在首位だが、これがこのまま続くと思っている人はいないだろう。

…と月並みなことを書いてもつまらないなあと自分でも感じてしまった(汗)。こういうときは突拍子もないことを書くのもいいかもしれない。


今年のサッカーは西野監督時代を思い出す。


4-4-2とか3-5-2とかそういう問題じゃない。
「負けないこと」から入っているところが共通なのだ。
その結果として失点の少なさがあり、勝ち点につながっている。
副産物として「見せ場の少なさ」があるが、派手にやって負けるよりオウンゴールの1点を守りきって勝った方がうれしい。

違うのは、西野監督の時は選手をほとんど固定していたのに比べ、ネルシーニョ監督は「競争意識」に重きを置いて戦力を維持していること。これによりチームにはよい意味での緊張感が保たれている。
最近の工藤の台頭は、そのような中からこそ生まれたものだろう。


…うーん、やっぱり月並みなものになってしまった。頭がまだ執筆のための脳になっていないようだ。これから徐々に戻していくので、引き続きよろしくお願いします。
posted by SUN'S SON at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

序章・5得点

いい試合の感想は、実は書くのが難しい。それはサポの性。興奮して冷静に見ることができないからだ。
また、マガジンとダイジェストの戦評も読んだが、やはり中立な目線で見る人にはかなわない。


勝因で大きかったのは、やはり「いるべきところに、いてほしいときに、いてほしい人がいた」からだと思う。言うのは簡単だが、これが一番難しい。マークを外し、リスクを冒し、連携も取る。

昔から、レイソルのサッカーは縦方向へ最短距離でつなぐことを基本に、サイドチェンジや中央からサイドへ流すのを織り交ぜて攻撃を組み立てる。これは今も昔も変わらない。誰が監督になっても、これができているときはいいとき。

清水戦は大谷−大津のラインが効果的に機能していたが、それを下から支えた橋本は、リーグ戦初先発ということを差し引いても殊勲賞だろう。

もう一人は久々に出場した澤。個人的には最も「いてほしいところにいた」と思っている。彼をこれほど長い時間見るのは初めてだが、ポジショニングの巧さには舌を巻いた。トップとして、シャドウとして、非常に機能していた。特に、フランサの2得点にいずれも彼が絡んでいることからも、フランサに「使われる」ことで輝く選手は多いが、フランサを「使う」こともできるというところが彼の最大の強みだろう。
フランサの1点目は、相手GKのミスだけでは片付けられない。今年のレイソルの中に、あの位置にいた選手は皆無だった。そのことからも、澤の位置取りには驚かされた。

そして、久々の先発となったフランサ。これまでと決定的に違うのは、ボールをもらいに中盤に下がるのではなく、遊星のごとく「自由に」動き回っていたこと。つまり周囲が盤石なので、自らのアイデアを活かすように動けた。そうなると攻撃のオプションが増えて効果的になり、攻める時間が長いのでさらにアイデアを活かすことができるという好循環が生まれ、自身もゴールを決められる場所に顔を出すことができた。それにしても彼の2点目、体のどこにも力みがなく、狙い澄まし落ち着き払ったゴールはすごく印象に残った。

勝利のあと、キタジの一言でみんな「勝って兜の緒を締めよ」を思い出したに違いない。そう、この厳しい状況の中で喜んでいいのは束の間だけなのだ。


個人的には、最終節はどうしても外せない用事(なぜか毎年重なる)のために観戦できない。しかしこの試合からが勝負の始まりと思い、今シーズンを笑って終えることができるよう信じて僕も戦おうと思う。
posted by SUN'S SON at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦力外第1号?

ようやく清水戦の感想を書こうと思ったら、ポストにメール便が。

・12月22日をもってレイソリスタ終了
・1月からサッカーショップ加茂柏店に「オフィシャルショップレイソリスタコーナー」を開設
・試合会場でのグッズ販売とネット販売"e-reysolista"は従来通り利用可能

ビルの一室の賃料を戦力外にしなければならんとは、なんとも厳しい。


…風呂入ってから清水戦のこと書くか。
posted by SUN'S SON at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

内なる敵と「接待サッカー」

また何とか文章を書けるようになってきたので、よろしくお願いします。


敗戦を告げるホイッスルが鳴ったときの選手の落胆ぶりから、「総力戦」なのは間違いないと思う。
ただ内容は………。


ポポと大津を両サイドに置き、右はスピード、左はドリブル突破で崩すという意図が明確な布陣。確かにポポを経由するボールは多く、大津のドリブルも多い。しかしここで致命的な問題が。

1.ポポを経由する以外のボールも含めて、相手に読まれすぎ。岡目八目ということを差し引いても、スタンドで「次はここかな」と思っていると本当にそこにボールが出る確率がとても高い。これでは山形の選手が読むのはもっと簡単で、カットされまくりだった。

両チームとも基本的にカウンターのチームと言っていいと思うが、山形は潔いほどのマンマーク。あれを一瞬でもかわす動きができたら、それだけでチャンスは大幅に増えるのは、素人の自分にでもわかる。

2.大津のフォローが誰もいない。苦し紛れに中央に切れ込むと、待ってましたとばかりに数をかけて潰される。

大津は前にスペースがあってこそ活きる。キタジあたりが昔みたいにつぶれ役になって大津のコースを空けるか、大津とミノルのコンビネーションを磨いて、受け渡しのパターン・ポジショニングのバリエーションを増やし、なおかつミノルはある程度は周りを気にすることなくチャレンジして打つ、できればポポと同じくらいシュートを打つ、そして相手が警戒しているときに再び大津がシャドウとして顔を出すなど、大津を起点にした攻撃のバリエーションは多く作れるはずだし、それが今の得点力不足から脱却するための大きな要素の一つだと思う。

その他、バックパスの多さは相変わらずだし、パクドンヒョクが何とか前を向かせようとロングパスを前に蹴り込んでも、後ろに戻してしまう。ラグビーじゃないんだから(ラグビーは前にボールを投げると反則)。


かつて、僕の仲間内ではよく「接待サッカー」という言葉を使っていた。「チームのポテンシャルはあるのに、試合のレベルを相手に合わせてしまう」というものだ。
ネルシーニョ監督になってから大敗は減ったが、相変わらず引き分けが多いのは、この癖があるような気がしてならない。
その証拠に、浦和・名古屋という上位チームからは、点差はともかく3ゴール以上を挙げている。これはひとえにレイソルが本来持っているポテンシャルが高いことを示していることに他ならない。「負けてもともと」とまでは言わないが、選手たちもある程度落ち着いてプレーできた結果ではないだろうか。

つまり、「勝たねばならない」という力みが、本来持っているポテンシャルをスポイルし、知らず知らずにサッカーを相手のレベルに合わせてしまう「接待サッカー」をしてしまう、ということになっているのではないか、というのが僕の推測だ。

そうなると残り4試合で大切なことは、「勝たなければならない」という力みを可能な限り持たないことではないだろうか。現実的には一つも落とせない状況にあるのだが、選手の力み・緊張を取り除くこと、そして相手との相性やサッカーのスタイル・レベルにかかわらず、自分たちのサッカーを全うすること、そうすれば道は見えてくる。


選手・スタッフ・フロント・サポーター、みんなが気づくべきだ。

「残留を阻む敵は自分の中にこそいる」ことを。
posted by SUN'S SON at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

休載について

諸般の事情で記事が書けない状態となっております。

理由はここでは述べませんが、拙文でも読みに来てくださっていた方々には非常に申し訳なく思っております。再開まで今しばらくお待ちくださりますよう、なにとぞお願い申し上げます。
posted by SUN'S SON at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

BSなしで「混戦のアジアB組」を観る

実はこれ、mixi日記に自分で書いたのだが、多くの方々分知りたがっている情報だと思うので、こちらにも転載することにした。

−−−−−

予選突破が2チームとも決まっているA組より最後の自動突破を狙うB組の方が明らかに面白いのですが、地上波しかない僕にはテレビ観戦の手立てがありません。
BSを持っている人も、韓国−イラン戦は中継がないので、参考になるかと思います。

そこでネット配信で見ることはできないかと探してみると、いくつかありそうです。

まず、知っている人も多いjustin.tvですが、最初のページでカテゴリー"Sports"を選び、その次のページでサブカテゴリー"Soccer"を選びます。しかしその先は使い方がわからないので説明できません。

次に、ブックメーカーのbet365。本来は生のストリーミングを見て賭けに参加してもらうのが目的なのですが、会員登録すれば、賭けに参加しなくても観れます。
登録の説明は、ここが一番わかりやすいと思います。
http://www.paradisewalk.net/sports/bet365/register.html

登録後、ホームページ(http://www.bet365.com/)の下の方、"SOCCER HIGHLITS"の一覧を見ると、South Korea vs IranとSaudi Arabiaともにストリーミング配信のカメラマークがついていますちゃんと登録時の時差を修正した時刻で出てきます。ちなみに僕は、賭けに参加する気もなくはないのと、英語が良くわからないので入金する羽目になりました。この場合、登録時に日本円を選んでおけば円で入金できます。最低入金単位は2000 円です。でも、入金したお金を使わないでもライブストリーミングは見れるので、2000円で日本で放送されない世界中のスポーツを生で見放題ともいえるので、高くはないといえるでしょう。
ストリーミングはMacでも見れます。

ストリーミングへの入り口は2つありますが、"IN-PLAY"から入ると小さな画面でしか見ることができません。上の方の"IN-PLAY"のちょっと下に"Live Streaming"という文字があるので、そこから入ると別窓が開き、680*480くらいの大きさで観ることができます。

しかし、この別窓の右側にストリーミング予定があるのですが、今のところ予定が入っていません。少々心配です。

そこで、P2Pテレビを使ってみます。
まず、P2Pテレビの総合サイトに行きます。http://www.myp2p.eu/
会員登録をします。ID、パスワード、メールアドレス、時差の入力と、規約の同意だけなので簡単です。
そのあと画面左上からログインし、上にあるSearchタブをクリックします。期間(何日から何日まで)の設定可能です。
ここでも、B組の試合は生放送になっています(右側にLive!の赤い文字があります)。
試聴するには、一番右にあるテレビのマークをクリックします。すると画面が切り替わり、対戦カードが大きく書かれています。その下の欄に、丸印の横に試聴可能なソフトが記述されています。ちなみに緑の丸は試聴可能ソフト、赤丸は試聴不可能なソフトです。

※注意:どのソフト・サイトでストリーミングするかは、放送開始の3〜5時間前にならないと決まりません。

一番楽なのは緑の丸のところにMediaPlayerとあるやつで、右側のplayをクリックするとWindowsMediaPlayerがプラグインで立ち上がり、映像が出てきます(FireFoxの場合)。
その他では、例えばbet365のロゴが小さく出てくる場合があります。この場合はplayを押さず、bet365にログインしてLive Streamingで見てください。そのほかにもP2Pストリーミングに対応するソフトがありますが、以下の三つがメジャーです。これらあれば何とかなるでしょう。
すべてフリーソフトです。

TVAnts(http://tvants.brothersoft.jp/ 環境によってはポー開放必要)
Sopcast(http://www.sopcast.com/ ポート開放不要)
TVUPlayer(http://www.tvunetworks.com/環境によっては使えません。僕のPCではダメでした)
※TVUPlayerはMac版もあります。上記のサイトからダウンロード可能。

上に挙げたのは公式サイトです。僕の入手先とは違っているところもあります。ダウンロードしたら、圧縮ファイル、解凍したインストーラ、インストールしててできたフォルダ全体に対してウィルススキャンをすることをオススメします。

このほかにもありますが、自己責任でお願いします。
posted by SUN'S SON at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

イエローハウス参加者としての議事録分析&アルセウについて

ブログ執筆中に偏頭痛を起こして寝ていたところ、イエローハウスで知り合った友人からメールが来た。

アルセウ登録抹消。

少しの驚きと、「やはり」という感情が交錯した。

驚きは、ここまで早く発表に至るとは思わなかったこと、やはり、というのはイエローハウスに実際に参加して小見さんの話を聞き、そしてあらためて議事録を読んで、今季絶望がわかってしまったから。

この日に発表に至るということは、イエローハウスより前にすでに決断は出ていたのは間違いない。ただ、それを一方的に発表するのではなく、イエローハウスという限られた空間ではあるが、サポーターに今期は難しいことを、話せる範囲のギリギリの表現で伝え、翌日に議事録で広くサポーターに伝え、心の準備をしてもらってから正式発表という手続きを踏んだものと思われる。
その意味で、議事録にも書いてある小見さんの「今日この場から言える時期になったと思う」という言葉は非常に重いし、これらのプロセスを踏んだクラブのやり方は評価したい。

分析してみよう。
アルセウの怪我の状態の質問に関して、小見さんはこう答えている。
「後十字靭帯だけでなく、前十字靭帯・外側側副靭帯・半月板もやられており、膝がトラックに乗り上げられた状態になっていたので、そう簡単には良くならない。明るい話題はないが、今は元気にリハビリをやっている」(議事録より抜粋)

この時点で、「膝の靭帯の大半がやられている→相当な時間がかかる」ということが明らかになっている。重苦しくなりそうな雰囲気を和らげるため「元気にリハビリをやっている」と、救いとなる言葉を付け加えている。

次によく出ていた噂「アルセウをいったん契約解除して、新外国人を呼ぶのでは」という話については、
「アルセウが復帰できないという結論がはっきりすれば、考えざるを得ない」(議事録より抜粋)

前述のとおり、「アルセウの復帰には相当な時間がかかる=(少なくとも今期は)復帰できない」ということははっきりした。そこで「考えざるを得ない」=一度契約を切って新外国人を呼ぶことを考えなければならない、ということになる。

そして議事録を掲載した翌日に、登録抹消の発表。これはアルセウに代わる新外国籍選手を獲得するというクラブの意思表示に他ならない。


本題に戻ろう。

昨日イエローハウスの議事録が公開され、それを読んだ感想もいくつかのブログに載っている。
いろいろな見方があるが、みんなレイソルの将来を真剣に考えているということが伝わってくる。

ただ、全体を読んだ感想というのが多いように思える。これは参加できなかったことや、発言者が多くて議論が分散しているという点では致し方ない部分もある。

しかし、参加した身だから言えるのかもしれないが、諸事情などを考えながら読み込んでいくと、いろいろなことがわかってくる。

そこで、実際にイエローハウスに参加した自分自身の視点で、また諸事情・推測も含めて議事録について考察・分析をしてみたいと思う。


その前に、前提を。

・今回は参加者が34名という多人数(これまでの経験上、通常の3〜4倍以上)で、それだけ発言内容が分散してしまい、まとまりという面ではいまいち欠けるということ。つまり、あちこちに飛んでいる話を総合して判断する必要がある。
・役員代表として出席した寺坂さんは、おそらく場慣れしておらず、ちょっとかわいそうな立場だったこと。(フォロー役の人がいれば、もう少し質疑応答も変わっていただろうと思われる)
・僕がどの発言にかかわっていたかも基本的には書かないこととする。(議事内容に深く関与することになるため)
・自分の感想や推測は書くが、議事録に載っていない発言は一切載せない。掲載する発言は、すべて議事録の要約または抜粋である。これはイエローハウスの原則であり、クラブとの信頼関係を損なうことが理由である。



1.冒頭の寺坂さんの挨拶について
議事録を読まれた方は、まず「なぜ『監督やGMの解任』という意見に行き着くのか残念でなりません」という部分に不信感を持ち、噛み付いたことと思う。僕も含めて参加者もみな同じだ。

しかし、一晩、二晩と経ち、記憶の整理や寺坂氏の置かれた立場・(たぶん)場慣れしていないことを考えると一定の推論が導き出せる。

寺坂さんはイエローハウスに参加した以上は、サポーターに向けて一定の話をしなければならない立場ではあるが、同時に常務取締役という「中の人」という役職上、クラブ内部の人々の士気・モチベーションを落とさないようにしなければならない立場にある。
で、内側から見ると、

高橋監督と選手の信頼関係はしっかりしている
(日常的に見ている人の方がよくわかるのは当然。それ以外の要素については後述)
    ↓
ここで監督を解任したらその信頼関係がなくなり、チームがばらばらになる
(これも中の人なら容易に想像できる)
    ↓
選手のみならず、クラブで働く人々の士気が下がる
    ↓
2005年の悪夢再現

ということから、「今、解任したら2005年の再現になってしまうのに…」という思いが強く、それが「なぜ…」の発言につながったと言える。

つまり寺坂さんとしては、解任を求めるサポーターの気持ちが理解できないのではなく、「今は結果が出ていなくても、信頼関係が築けている監督をこのタイミングで解任することは、2005年の再現につながることになり、それだけは避けたいことをわかってほしい」というのが真意だということになる。このあたりは寺坂さんをフォローする人がいればよかったのではないかと思う。


2.「サポカンは開催しない」発言について
私もサポカン推進論者だったため、この発言には噛み付いてしまった。しかし整理してみると、寺坂さんの言葉が誤解を招いている部分も大きい。
議事録を見ると、「情報発信は『サポカン』という形ではなく、別の方法を考える」と言っているのだが、最初に「サポカンの予定はない」と言ってしまったものだから、「サポカンの予定はない=サポーターの話を聞かない」という誤解が一人歩きしてしまってしまい、紛糾してしまった。

その中でも注目すべき点はある。中盤からの小見さんの発言の中に、「今日この場から言える時期になったと思う」とある。

ではこれから何をどうやって発信するか、そしてクラブからの一方通行ではなく、サポーターとの双方向のコミュニケーションが取れること、そこが重要だ。
開かれたクラブを標榜しているのならば、最重要課題といっても過言ではない。

その意味で、今回のアルセウの登録抹消に至る3段階のプロセスを踏んだことは、良いやり方の一つだと思う。


3.「21試合で五分」の表現について
これも誤解を与えているが、フロントが最初から「五分でいい」と思っているわけではない。よく読むと、「残留のためには勝率5割で行かないといけない」と言っているのは参加者の方が先である。

逆算して出てくる数字なのだが、

残留のための勝ち点は最低でも40なければならない
    ↓
残り21試合での必要な勝ち点は31
    ↓
1試合あたりの必要勝ち点は約1.5という計算になる
    ↓
つまり1勝1敗ペース、勝率5割が必要

ということ。


4.高橋監督について
議事録では監督と選手の信頼関係について、「それは大丈夫」と小見さんはさらりと流しているが、少し上の発言の方が詳しく触れている。「選手自身は現時点で誰も監督の責任だけだとは思っていない」という発言の方が重い。

僕が驚いたのは、「前から一辺倒にプレスをかけていくのは変えたい、と主力選手の中からも意見が出ていた」(議事録から抜粋)という発言だ。
小見さんの発言を順を追って読み進めていくと、この意見を受けてかどうかは不明だが、高橋ヘッドコーチ(当時)が「石崎監督のサッカーをベースにアクションサッカーをやったがうまくいかなかった」(議事録より抜粋・要約)ということになる。終盤に残留争いに巻き込まれたのはこれが一因だろう。
しかしこの流れを見ると、石崎監督のプレッシングサッカーから高橋監督のアクションサッカーへの転換は、主力選手の意向も受けてという推測が成り立つ。

もちろん、選手が石崎監督を否定していたことなどあるはずがない。もしそうだとしたら、「石さんのために」を合言葉に天皇杯のファイナリストにまで行けるはずがないからだ。


しかし、石崎監督→高橋監督の方針転換は、単にフロントとの強化方針の相違だけでなく、選手の中にもそれを志向していた人がいるということになる。
そうなると、現時点で解任という手段をとらないこともわかる。選手と監督の目指すサッカーが一致しているからだ。それゆえ、歯車がいい方向に動き出せばうまくハマる可能性を十分秘めているという判断が働いていることと思う。確かに、選手と監督の志向するサッカーが乖離していたら、現在のように結果が出ずとも最後まであきらめずに戦うことなど到底できない。
その信頼関係を崩さないためにも、現在は続投の道を選んだのだと思う。

ただ、前線からプレスがかからないことにより、相手にいいようにボールを回されることが格段に増えたのは事実。また守備はクラブでの指導経験のない井原コーチに任せているためか、崩壊と言っていい状態だ。

このため、小見さんは続投としながらも、最後通牒を提示している。それがリーグ戦再開後の4試合。ここで勝率5割を切るようなことがあれば、解任は免れないだろう。これは僕の想像だが、小見さんは用意周到な人だから、すでに次の人はリストアップしていると思う。


5.補強について
アルセウについては、書くことがなくなってしまった。登録抹消したことから、そこに新外国籍選手を呼ぶことはほぼ間違いない。
また、これに小見さんの言葉「補強も考えていかなければいけない。アジア枠も含めて…」(議事録より抜粋)を重ね合わせると、アジア枠を活用するということが明らかになった。
ただ、そうするとA契約枠との兼ね合いが問題となる。誰かを期限付移籍として出すこともあることは覚悟しておいたほうがよさそうだ。



分析がフロント寄りと思われるかもしれないが、2005年の悲劇を繰り返さないという点では、クラブもサポーターも一致している。そのためには、両者とも歩み寄って苦境を乗り越える覚悟を持つことが一番大切である。
posted by SUN'S SON at 01:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。