2008年02月29日

YAZAWAな気分

実は柏を離れることになった。
理由はいくつかあるが、大きいのは健康上の理由と経済的な理由。

引越しに合わせて車も処分した。
とは言ってもクルマがないと生活できないから、今までの新しい車を売却して中古車に乗り換え、維持費を軽減した。
(とはいえ、かつて新車で買うことも検討した車だから、わびしさはない)

引っ越す条件は、通勤のほとんどを座って行ける始発駅であること(平衡機能に軽い障害があるので、通勤で立つのは極力短時間にしたい)と、家賃が安いこと。

この条件にあったのが、佐倉市。勝田台の近くだ。
柏からは車で40分くらい離れている。

地図をみると、だいぶ千葉市に近くなる。
柏から千葉に移籍した谷澤のようである。

しかし利点もある。

まず、居住地が日立台とフクアリの中間あたりということは、行きやすさという点では両方とも同じくらいになる。
日立台は年間シートを買っているので、当然行く。フクアリも1時間もあれば行ける。

ということは、その気になれば毎週J1を見れるということになる。
(同一県のチームは、原則として同じ節にホームゲームを開催しないから)


本ブログもタイトルを変えなければならないが、たぶん内容はほとんど変わらないだろう。


またあらためて告知します。これからもよろしく。
posted by SUN'S SON at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

地図を見てみよう

ふと思いついて、国土地理院に電話して確認した。

私「日本の国土もしくは日本政府が領有を主張している地域で、ユーラシア大陸(アジア大陸)と陸続きの場所ってないですよね?」
担当係官「はい、ありません。」


日本は海洋国家なのである。大陸と接しているところはないのである。
ということは…

「俺たちアジアじゃないもんね。東アジアじゃなくて西太平洋だもんね」

って言っても、少なくとも地図の上では誰も反論できないのである。


『こいつ何が言いたいんだ?』…その答えは。


OFC(オセアニアサッカー連盟)に移籍しよう。
そうすれば東アジア選手権なんて出なくてすむぞ。
大陸とつながってないんだから、アジアじゃなくて西太平洋だと主張しよう。

オーストラリアがアジアに入れたんだから、できないことはないって。
W杯はアジアか南米の5位に勝つことだけに集中して強化。

いやむしろオーストラリアを説得してオセアニアに戻ってもらえば、1枠は間違いなくもらえる。運がよければ1.5枠もらえるかもしれない。
もともとオーストラリアがアジアに来た大きな理由のひとつが、W杯でオセアニアの単独枠がないことなんだから、単独枠があれば中東に遠征してまでアジアにこだわる理由なんてないはずだって。

そうすれば、事実上オーストラリアに勝てばW杯出場決定、1.5枠もらえれば負けてもプレーオフがある。

東アジア選手権でいわれのないブーイングや暴力を食らうこともなければ、何時間も時差がある中東まで飛行機乗り継いで行く必要もなくなる。

コンフェデ杯だって出やすいぞ。いいことではないか。

クラブW杯だってAリーグが強くなるまではフリーパスだ。


「でも昔は韓国を併合してたじゃん」という向きもあるが、サンフランシスコ講和条約を見なさい。独立も承認してるし、すべての権益を放棄している。
それに、その論理が通ると、インドを植民地にしていたイングランドはアジア、スペインやポルトガルは南米、フランスはアフリカになってしまう。



「でもアジアカップ出たくね?」というのなら、もう一つ手がある。


東アジア連盟を脱退してASEAN連盟に入ればいい。
これも「日本は大陸とつながってない海洋国家ですよーだ」の論理で通せる。
こちらだってオーストラリアが入っているのだ。

去年のアジアカップとかこの前の埼スタのタイ戦とか見てると、タイとかベトナムとかの新興国、一度国内サッカー界がリセットされたにもかかわらず優勝したイラクとかは、これまでのアジアのサッカーの主流「格闘技サッカー」じゃない。
で、そっちの方が世界の主流に近い。

日本代表の将来の正常進化を考えるならば、東アジア選手権などという「反日国が合法的に日本人を殴ったり蹴ったりできる公開処刑場」なんかじゃなくてASEAN選手権(旧タイガーカップ)に出た方が、どれだけ得るものの大きいことか。

日本をASEANと呼ぶのが不自然なら、頼み込んで環太平洋連盟とかパンパシフィック改称してもらえばいい。パンパシフィック選手権に日本とオーストラリアから出てるんだから(G大阪とシドニーFC)、何とかなるはずだ。


今こそ、海洋国家日本の利点をフルに生かすべきである。サンフランシスコ講和条約で領土を放棄した意味が今、活きてくるのである(←不謹慎)。


東アジア連盟の事務所は東京?…「アジアの中心だから」とか何とか言っておだてて中韓に渡せば何とかなる。(←また不謹慎)

posted by SUN'S SON at 23:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

うわぁ…

佐藤洋平コーチの現役復帰のお知らせ(磐田公式)

引退していた佐藤洋平>ピントですか。

実力の世界とはいえ、ここまで引っ張ってこれはかわいそうすぎる…
posted by SUN'S SON at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

日立台最寄駅建設を期待する

昨日、妹の結婚式があった。
妹の友人も招待されて何人か来ていた。僕も知っている人。

その人と僕との会話。

「お兄さんって、今どこに住んでるんですか?」
「柏だよ」
「柏のどこ?」
「(胸を張って)日立台。レイソルのスタジアムのそばだよ」
「あぁ、柏の葉〜!」
「………」

…レイソルサポならずとも、サッカー見る人なら日立台といえば一発でわかるわけだが、サッカーを見ない人には柏の葉の印象が強いんだよなぁ。

でも、実は無理もないことなんである。
理由は明らか。

柏の葉
・TXの駅名にもなっている
・駅にはショッピングセンターがある
・東大がある。

日立台
・サッカー場以外は民家ばかり

つまり「日立台周辺はサッカー場以外のランドマークがない」ということにつきる。

「イオンのショッピングセンターがある」と言っても、まだ知名度は薄いし、何より結構遠い(国道6号線沿い)。

まあ、住宅地の真ん中にあって、「生活がスタジアム」を具現化してるところが日立台のいいところなんだけど、場所の説明には結構困るねぇ。
「駅で言えば柏と新柏の間」と説明してるんだけど、これもいまいち説得力がない。


日立台のそばの常盤台(ときわだい)の人が、東武鉄道に「常盤台に駅を」と地味に活動しているんだけど、駅ができたら日立台の説明もしやすくなる。「常盤台駅から徒歩10分」ですむんだから。
実際、常盤台のバス停は通勤客の乗降がかなり多いから、近くの線路に駅を作っても採算は取れると思う。午後10時台に終わるバスも気にしなくていいし。

問題はバスの乗降客が使ってるのが同じ「東武」バスなことと、通勤に限って言えば、駅ができたところで柏駅へのアクセス時間はバスと比べてほぼ変わらないところだが…。

でもやっぱり日立台の近くに駅ができる意味は大きい。サッカー場へのアクセスもぐっと楽になって集客アップ、スタジアムの改修の採算見込みにも明るい材料が増えるわけだから、レイソルも一緒に東武に働きかけてみたらいかがだろうか。
posted by SUN'S SON at 17:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

バレンタインはセクハラ

このネタを書こうと思ったところに、ドゥン・ヤナギ・祐三のニュースが入ってきたので迷ったが、時節柄やっぱりこちらを書こう。


バレンタインがセクハラっていうのは、別にもらえない男のひがみではない。

あくまでも女性にとって、だ。


ただのセクハラというよりも「経済的セクハラ」といえる。



僕の職場では、社内の年賀状を虚礼廃止にしているけれど、バレンタインの義理チョコも同様だと思う。

社内の年賀状と義理チョコの共通点は「あげないと角が立つ」…つまり、あいつがもらって何で俺はもらえないんだということになり、結果的に広く浅くあげることになる。

年賀状の場合、本体は少額だが、宛名書きもしくは打ち込み、文面の印刷・添え書きなどの手間が非常にかかるので、それらすべてを金額換算したらかなりの額になる。

義理チョコは手間こそかからないが、本体の金額そのものが高額だ。先ほどコンビニで100円の板チョコをまとめ買いする女性を見たが、それはまだ合理的な方で、普通はそれ以上、中には一人当たりに500円くらいかけているかもしれない。

チョコを渡す範囲は義理チョコの意義=「あげないと角が立つ」から、当然広範囲になる。職場内に限っても同じ課でも5人くらいは最低いるかもしれないし、部全体となったらさらに広範囲だ。

こういった場合、部内の女性で「義理チョコ基金」のようなお金を集め、その集まったお金で部内の男性の人数分のチョコをまとめ買いすることになるのだろうが、そもそもこういった「義理チョコ実行委員会」を組織することや、そのお金でチョコを買いに行くのも、時間と手間を無駄に使っていることになる。


つまりバレンタインデーは、女性であるということだけで、本来しなくてもいい手間と金の損失を強要されるのである。これを経済的セクハラといわずして何というのか。

これは立場を逆にすれば、ホワイトデーは男性にとっての経済的セクハラといえる。

本当にあげたい人にあげることは無論結構なことだ。しかし、あげないことで角が立つという日本的な発想はこの際捨てたらいかがだろうか。

そのためには、しかるべき立場の人が「虚礼廃止」を宣言することがぜひとも望まれる。


中学校のとき、バレンタインのチョコ禁止を打ち出す教師側に、生徒が不満を持った。これは「自腹を切ってでもチョコをあげたい人にあげられない」という、健全な不満だ。しかもこれは、教師の見ていないところ、例えば下校してから隠れて渡すということはいくらでもできる。不満を解消する抜け道があったわけだ。

しかし義理チョコというのは、「あげたくない人にも自腹を切ってチョコをあげなければならない」という理不尽さに対する不満である。しかもあげないとモノがないわけだから一目瞭然。つまり抜け道がない。つまり、ある意味中学校の生活指導よりも強制力があり、不満を解消する抜け道がないのだ。


だから世の男性諸君、勇気を持って言おう。
「義理チョコは要りません」

しかるべき立場の人はこのような号令をかけていただきたい。
「義理チョコは虚礼だから廃止する」
posted by SUN'S SON at 15:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

実りある寒中観戦

某所とかぶるが、特殊な場所だから事実上マルチじゃないし、自分の文章なので著作権関係なしで転載。

昨日のタイ戦はあの寒さの中でも現地観戦して正解。非常に楽しかった。


それは日本が大差で勝ったことではなくて、


「ちゃんと強化すれば強くなる」ということを知ると、強化のスピードも速くなるというのを再確認できたことや、

退場者は出したものの、削らずに守るタイのやり方がアジアの中では新鮮だったことや、

方向性がベトナムと似ていることや、

そのベトナムと同じくセットプレーの守備までは手が回っていないことや、

たぶん岡ちゃんはそれを(監督になる前の)アジアカップで見抜いていただろうことや、

プレーの質で上を行きながら、「最大の結果」を出すためにその質にこだわらず、冷徹にセットプレーを繰り出した岡ちゃんのリアリズムと頼もしさや、

2014年のW杯予選は、今回より数段厳しくなるだろうことや、


とにかく「セットプレーから大量点で大勝」というような言葉ではわからないいろんなことが見えて楽しかった。


あと、専用スタの二階席から俯瞰というのがよかった。カテ4で十分すぎるくらいに堪能、3000円は安いと思った。
posted by SUN'S SON at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

観戦修行

毎回代表の試合はテレビ観戦か、他の用事か、もしくは完全に忘れていることが多いのだが、今回「チケット大量売れ残り」のニュースを知り、医者の予約をずらして、万難を排して埼スタに観戦に行くことにした。
なぜか。

タイ代表が来るからである。

僕はアジアサッカーを見るのが好きだ。オタクと呼べるほど詳しくないが、テレビで欧州リーグを見るよりもアジアの試合の生観戦を選ぶ。

欧州は2006年のドイツW杯で4試合観戦し、「もう十分かな」と思った。
強いて挙げればブンデスリーガ2部のザンクト・パウリが観れれば思い残すことは何もない。

これまでの観戦歴を振り返ると次のとおり。※()内は観戦地

*リーグ戦
韓国Kリーグ(ソウル木洞・ソウルW杯・釜山九徳・釜山アジアード・水原総合・大邱・浦項)
中国足球甲級【Cリーグのこと】(北京工人体育場・上海虹口足球場)
マレーシアMリーグカップ(ブキッジャリル国立競技場)
シンガポールSリーグ(Bishanスタジアム・Toa Payohスタジアム)
*国際試合【代表】
ベトナム代表(バンコク・ラチャマンカラ国立競技場【アジアカップ】)
イラン代表(ドイツ・ライプチヒ【W杯】)
イラク代表(バンコク・ラチャマンカラ国立競技場およびバンコク・スパチャラサイ国立競技場【アジアカップ】)
オマーン代表(バンコク・スパチャラサイ国立競技場【同上】)
レバノンU−23代表(西が丘【五輪予選】)
バーレーンU−23代表(西が丘【五輪予選】)
*国際試合【クラブ】
韓国:全南ドラゴンズ(国立【アジア・カップウィナーズカップ】)
韓国:全北モータース(日本平【同】)
イラク:アル・タラバ(国立【同】)
サウジアラビア:アル・イテハド(国立【同】)

東アジア・東南アジアでタイがぽっかり抜けているので、このチャンスを逃す手はない、と思ったわけ。

下馬評どおり日本の優位は間違いないだろうし、ならばひとりくらい「ちょっとタイ寄り」で見る者がいてもいいかな、という次第。それともうひとつ、タイの王様、プミポン国王の色は黄色なのだよ。


しかしここに来て数々の障害が発生してきている。
とにかく今日は寒い。非常に寒い。午後1時現在の気温は3.3℃。雪も降っている。夜の埼スタは何度まで下がるのか。しかも二階席だ。真冬のサッカー観戦には慣れているつもりだが、このコンディションは厳しい。屋根のあるカテ4を選んだのがせめてもの救いか。

ここまで寒くなると中から暖めなければならない。しかし国際試合なんだからビン・缶・ペットボトルは持ち込み禁止だろう。客が少ないとはいえ売店は長蛇の列だろうし…。

それ以前に、雪で鉄道が止まってしまったらアウトだ。行きのみならず、帰りのほうが寒くなる分、雪が積もって止まりやすい。


また、タイ代表の中心選手でマンチェスター・シティに所属している選手が累積警告で出場停止であることが判明し、お目当てが一つ減ってがっかり。


果たして埼スタまでたどり着けるのか?最後まで試合を見れるのか?そしてちゃんと帰れるのか?
posted by SUN'S SON at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。