2008年11月29日

ぼくだってさびしいよ

前回・前々回のエントリーで「こいつは反石崎か」と思われそうでちょっと気になってます。

石さんがいなくなって僕も寂しいです。クラブとサポーターをこんなに近づけてくれた人が、後にも先にも出てくるかどうか。僕らはみんなレイソルの監督というだけでなく、「人間・石崎信弘」に惚れ込んでしまった。
選手もサポーターもみんな、石さんに恋をした。

2007年のサポーターズカンファレンスの帰り道、他の人と話している石さんを偶然見て、「がんばってください!」と声をかけたら、振り向いて笑顔で応えてくれた。あの思い出は今でも僕の宝物だ。

でも、クラブは上を目指さなければならない。試合には勝たなければならない。

今年はなかなか生観戦がかなわなかったが、今日は柏に越してきたこともあり、生で見た。
そこで思ったのは、「限界」と表現すればいいのだろうか。このスタイルのまま、これ以上を目指すのは難しいと感じた。

上を目指さなければならないというクラブの方向性の中で、石さんとの間にズレが生じ、その結果、石さんでこれ以上を目指すのは難しいと感じたと推測する。

たとえサポーターの糾弾を受けたとしても、クラブの至上命題は「強くなること」であり、そのためには鬼にも悪者にもならなければならないことも、フロントの人々は覚悟の上だと思う。
そうでなければ、これだけの人間的魅力のある人を切ることなどできっこない。

僕らが寂しいのは、石さんがレイソルにもたらしてくれた数えきれない喜びを、もう共有できないという寂しさと、僕らが惚れ込んだ人間・石崎信弘が手の届かないところに行ってしまう寂しさと、また選手とサポーターの距離が遠くなってしまうのではないかという危機感と、石さんが志向したプレッシングサッカーの躍動感がもう見れなくなるのではないかという危惧と…数え上げたらきりがない。

でも、それらすべての寂しさ・悲しみが、次のステップになると信じている。いや、信じようとしている。
フロントだって石さんを切るのは苦渋の決断だったに違いない。これだけ選手・サポーターに愛されている人なのだから。

しかし、先程も述べたとおり、クラブというのは強くならなければならない。クラブが強くなるために何をすべきかを考えるのがフロントの仕事だ。だから強くなるためには鬼にも悪者にもなる。

まだ最終節と天皇杯がある。そこで、これまでの三年間が結実して、最高の舞台でさよならが言えたらいいな。そしてそのあとは、新たなシーズンに向かって前を向いて進みたい。それが石さんへの最高のはなむけだと信じているから。

posted by SUN'S SON at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

高木琢也という選択

「石さんショック」から明けて一日、後任監督の名前に様々な人が上がっているが、その筆頭が東京Vコーチ・高木琢也氏だ。フランサを中心としたシステムにも興味をもっているという。これに違和感を持つ人は少なくないと思う。横浜FCをJ1に昇格させたものの、翌年は最下位で降格。そんな人材をなぜ連れてくるのか。石さんよりも能力が上なのかという疑問がわいてくるはずだ。

しかし、よくよく考えてみると、この人選は無茶苦茶なものではなく、単にフランサに興味を持っているからではないような気がする。

それは彼が、守備からチームを組み立てることにある。

「ハマナチオ」は記憶に新しい。それがJ1でなぜ機能しなかったかというと、はじめからJ1他チームとの戦力差が歴然としていたからで、レイソルに当てはめた場合、古賀・小林祐三・近藤・石川などのタレントが揃っている。彼らで「カシワナチオ」を構成すれば、非常に強固な守備陣が構成されるのではないだろうか。

守備からチームを作っていったのは、西野監督時代の完全封鎖トリオがある。失点の多さ・決定機の作られやすさはレイソルの課題の一つでもある。それを克服するためには「守備から入る」チーム作りが必要であるという判断があったのではないだろうか。

ひとつ気にかかるのは、彼が攻撃のオプションをどれだけ持ち合わせているかということだろう。フランサ中心といえども、彼が怪我や出場停止で出られない場合にどうするか。高木氏はJ1で戦うにあたり、「久保中心のチームを作る」と明言したが、案の定、故障がちな久保は稼働率が悪く、それが降格の一因となったことは論をまたない。攻撃の中心選手を欠いたとき、どのようにやっていくか、選択肢を多く持つことは絶対必要なことだ。
高木氏を監督に招聘するならば、むしろそこをよく考えてほしいものだ。
posted by SUN'S SON at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

石崎監督契約終了に思う

石さんの契約は当初2006〜2007年だった。それを契約延長したのが今年の分。だから解任などではなく、契約の終了には間違いない。この契約延長のリリースは2007年10月18日に出ている。

今回気になるのがリリース時期。ホーム最終節直前に出されたということ。

-----
石さんにはいくら感謝してもしきれない。レイソルを一年でJ1に戻してくれて、二年連続で残留させてくれた。中興の祖と言ってもいい。
-----

本題に戻ろう。
「フロントと強化方針が合わなかった」というのが主な理由と報じられているが、この「強化方針の違い」がいつから出ていたかということが気になる。

1.シーズン後半から両者の意見の隔たりが認識されており、契約終了が既定路線だった場合。この場合は後任監督の人選に充分な準備期間がある。

2.一部報道にあるように、残留決定で続投要請をしたが、強化方針の溝が埋まらず、契約を更新しないという道を選んだ場合。この場合、新監督の人選はこれからで、契約更改・補強・チーム編成に大幅な遅れが生じる。

1であれば、寂しいがクラブの強化方針が決定しており、それはそれでいいのだが、ホーム最終節の直前にリリースしたということは、もしかしたら2ではないかと危惧している。

これからの補強動向を注意深く見守る必要がありそうだ。

posted by SUN'S SON at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

残留決定の説明など

昨日で残留が決定。

なぜ残留が決定したのか書いているところが少ないので具体例などを。

まず、柏の勝ち点が43。この下に3チーム入ることが決定すれば残留決定となる。

札幌はすでに最下位での降格が決定している。
千葉の現在の勝ち点は35。あと二連勝しても、勝ち点は41でレイソルを上回れない。これで下に2チーム。
残りの一つだが、順位表から見ると東京Vを見てしまいがちだが、ここは磐田と大宮に注目する。

この両チームが最終節で直接対決をするところがミソなのだ。

まず磐田の場合、勝ち点が37。残り2節を連勝すると勝ち点が43となりレイソルに並ぶ。
しかしこの条件を満たすには、最終節の直接対決で大宮に勝つことが条件となる。その場合大宮はどうなるか。
大宮の勝ち点は39。磐田が最終節に大宮に勝つとなると、大宮は最大でも残り2試合のうち1勝しかできないから、勝ち点を42までしか伸ばせない。この時点でレイソルの勝ち点43に届かない。

同じことの繰り返しになりそうだが大宮を見てみよう。
大宮の現在の勝ち点は39。残り2試合を連勝すれば、勝ち点は45まで伸びる。
しかし最終節は磐田との直接対決だから、大宮が磐田に勝つということは磐田の負けを意味するから、磐田の勝ち点は最大で40までしか伸びない。

つまり、レイソルの下には、札幌・千葉・磐田or大宮が来ることが、昨日の試合結果で決定した。レイソルの下に3チームが入ることが決定したということは、レイソルは最悪でも15位を確保することになり、残留が決定したというわけだ。

まあ上を見ればきりがないが、今年の最大のミッションは残留であると僕は最初から思っていた。それは何と言っても「2年目のジンクス」を打ち破れるかどうかが最大の課題であると思っていたからだ。
残り2節を残して残留決定は、結果としてはまあまあと言っていいと思っている。
posted by SUN'S SON at 20:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

遠い地から

磐田戦をスカパー観戦できなくなった。週末に実家に帰るためだ。

目の前の日立台を見れば力は湧くが、一人暮らしで鬱で会社を休んでおり、人との接触が少ない自分は「寂しさ」には勝てない。
以前よりも涙もろくなった。
佐倉から実家に戻る手もあったが、諸々の理由で柏にしたのは、自分で決めたこと。寂しさも承知の上だが、いざ経験してみると、打ち勝つのは難しい。
今回は、自分の心の健康を取った。

遠い地からレイソルの勝利を祈っている。
posted by SUN'S SON at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

天皇杯観戦用アイテム・黄色くて暖かいもの

夜中に買いものサイトを歩いていたら、こんなものを見つけた。
レイソルも天皇杯ベスト8に入ったことだし、リーグ戦も残っている。黄色くて暖かいので、寒いところの観戦にいいかもしれない。

【M】
高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー M

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー…

販売価格¥8,400

「見た目よし、だけど寒い…」でも「見た目バツだけど、暖かい…」のどちらも、大人のアウターとしては失格。暖かくて…

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー M高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー Mをカートに入れる

【L】
高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー L

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー…

販売価格¥8,400

「見た目よし、だけど寒い…」でも「見た目バツだけど、暖かい…」のどちらも、大人のアウターとしては失格。暖かくて…

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー L高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー Lをカートに入れる

【XL】
高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー XL

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー…

販売価格¥8,400

「見た目よし、だけど寒い…」でも「見た目バツだけど、暖かい…」のどちらも、大人のアウターとしては失格。暖かくて…

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー XL高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー XLをカートに入れる
posted by SUN'S SON at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

朝の日立台

せっかく日立台の目の前に越してきたのだから、朝日のあたる日立台などを。
P1000418.JPGP1000419.JPGP1000420.JPG
posted by SUN'S SON at 07:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

新ブログ

レイソル・サッカー以外のことを書く場がなかったので、主にニュースや社会問題について考えるブログを作りました。

M.K.の日記(柏記録紙別館)

右サイドバーのリンク集からも行けます。こちらもよろしく。
posted by SUN'S SON at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

Come Back Again

「柏記録紙」のタイトルの下を見ていただきたい。
…つまり、佐倉からまた柏に越してきた。

佐倉に行ったのは友人に勧められてのことだったが、ひとえに自分が未熟だった。
学ぶこともあったが、辛く悲しい8ヶ月間だった。

今度越してきたのは、窓の向こうが日立台。いやでも力が湧く。
僕はここから一から出直す。人生の軌道修正をする。日立台の力を借りて。

佐倉に行くときは、開幕戦が最後の柏市民での観戦と思っていた。しかし、ホーム最終戦に間に合った。
(1年間に2度の引越しで100万近い金を使ってしまい、毎年恒例の地域リーグ決勝大会観戦に行けないという裏事情もある)

現在の勝ち点42は、現実的にはほぼ残留確定と言っていいが、数字の上ではまだ降格の可能性が残っている。僕は決定しないと安心できないたちなので、まだ不安半分だ。
とはいえレイソルが日立台にいる限り、所属リーグに関係なく僕は観に行くわけだが。

そんなわけで、今後ともどうぞよろしく。

posted by SUN'S SON at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。