2009年04月30日

暴れん坊将軍とシンさん

「江戸の仇を長崎で討つ」という言葉があるが、昨日は「石さんの仇を真さんで討つ」形になった。

去年の日立台最終戦−−つまり石さんのホーム最終戦−−の相手も大分だった。しかし完敗。このリベンジを真さんこと高橋真一郎監督が初勝利で果たしてくれた。「昭和の日」には昭和色の強いレイソルのサポーターが歓喜するのにふさわしいのだよ。

自分も何か変えてみようと思い、持って行く水筒の中身をこれまでのホットミルクからJAVA TEAにした。暖かくなったしね。これが大正解。次回からもJAVA TEAでいこう(笑)。


諸般の事情で名古屋戦と清水戦を見ることができなかったので、それとの比較はできないが、それ以前の試合と比べて突出していい、というわけでもないように思う。つまり結果がついて来るか来ないかは、何らかのポイントで変わってくる、ということ。

要するにこれまでのレイソルは、天文学的な確率でやじろべえがこっちに向かなかっただけなんじゃないかと思う。

とはいうものの前半はなんというか・・・話すべきものは何もない気がする。このまま粛々とゲームが進み、勝ち点1を分け合って、順位は動かず何も変わらないのかなぁ・・・と思っていたところにFKからの頭で失点。意気消沈と、これまでの「引き分け力」から何とか1点取って同点にしてくれるんじゃないかという根拠のない希望が混ざったまま前半終了。

で、後半開始から浩太とポポに代わって、クラと大津を投入。この決断力こそ高橋監督の真骨頂だ。ポポはともかく、浩太については(たぶん体調面からの交代でもあると思うが)、前半の攻撃の起点が彼からしかなかったようなものだったから、かなり勇気の要る決断だと思う。
しかしこれが大当たり。この交代で前半のような「誰がどこにいるかわからない・消えている」という状態が払拭され選手個々の役割が明確になり、機能性が増した。


キタジが投入されたとき、必ずゴールしてくれるという確信があった。根拠はない。あえて言えば、「柏の魂だから」。答えになっていないかもしれないけどそうとしか言いようがない。

僕の願いは現実となる。漢・北嶋、ゴール。81分。
やっぱりキタジは柏の魂だった。

そして後半ロスタイム(実はロスタイムに突入したことすら知らなかった)、栗澤のCKからうまく飛び出してフリーになった大津が頭で合わせ、ゴール。逆転。

こんなに我を忘れたのは久しぶりだ。

試合はこのままでは終わらなかった。終了直前に、相手GKからのバウンドをバックヘッドで流されたのを菅野が超ファインセーブ。これがなかったらまた引き分けだった。このセーブは、ゴールと同じくらい値千金。
ビデオで見てみると、菅野はGKのボールが落ちる前の時点で、落下地点と軌道、そして相手との位置関係を予測して、微妙にポジショニングを変えている。反射神経のみならず、頭脳的なファインセーブでもある。


やっと流れがこっちに来た。でも5月2日には早くも次の戦いがある。しかも相手はJ2時代にもっとも苦戦した山形。ハセとシミケンは絶好調だ。


この日は祝日のため、テレビは平日編成だった。11時ごろテレビをつけたら、「暴れん坊将軍」の再放送をやっていた。松平健が演じる徳川吉宗が、「徳田新之助」−−新さんとして活躍するアレだ。試合もわれらがシンさんの攻めの采配で勝利した。この番組を見たのが勝利の伏線だったか?
テレビのシンさんの活躍を見てから試合に臨むと、試合でもシンさんの采配が光るという勝利の方程式だ。

土日はやらないから、今後は録画して試合の前にシンさんの活躍を見ることにしよう(笑)。
ちなみにテレビ朝日系列で午前10:30〜11:30です。
posted by SUN'S SON at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。