2009年05月30日

イエローハウス参加者としての議事録分析&アルセウについて

ブログ執筆中に偏頭痛を起こして寝ていたところ、イエローハウスで知り合った友人からメールが来た。

アルセウ登録抹消。

少しの驚きと、「やはり」という感情が交錯した。

驚きは、ここまで早く発表に至るとは思わなかったこと、やはり、というのはイエローハウスに実際に参加して小見さんの話を聞き、そしてあらためて議事録を読んで、今季絶望がわかってしまったから。

この日に発表に至るということは、イエローハウスより前にすでに決断は出ていたのは間違いない。ただ、それを一方的に発表するのではなく、イエローハウスという限られた空間ではあるが、サポーターに今期は難しいことを、話せる範囲のギリギリの表現で伝え、翌日に議事録で広くサポーターに伝え、心の準備をしてもらってから正式発表という手続きを踏んだものと思われる。
その意味で、議事録にも書いてある小見さんの「今日この場から言える時期になったと思う」という言葉は非常に重いし、これらのプロセスを踏んだクラブのやり方は評価したい。

分析してみよう。
アルセウの怪我の状態の質問に関して、小見さんはこう答えている。
「後十字靭帯だけでなく、前十字靭帯・外側側副靭帯・半月板もやられており、膝がトラックに乗り上げられた状態になっていたので、そう簡単には良くならない。明るい話題はないが、今は元気にリハビリをやっている」(議事録より抜粋)

この時点で、「膝の靭帯の大半がやられている→相当な時間がかかる」ということが明らかになっている。重苦しくなりそうな雰囲気を和らげるため「元気にリハビリをやっている」と、救いとなる言葉を付け加えている。

次によく出ていた噂「アルセウをいったん契約解除して、新外国人を呼ぶのでは」という話については、
「アルセウが復帰できないという結論がはっきりすれば、考えざるを得ない」(議事録より抜粋)

前述のとおり、「アルセウの復帰には相当な時間がかかる=(少なくとも今期は)復帰できない」ということははっきりした。そこで「考えざるを得ない」=一度契約を切って新外国人を呼ぶことを考えなければならない、ということになる。

そして議事録を掲載した翌日に、登録抹消の発表。これはアルセウに代わる新外国籍選手を獲得するというクラブの意思表示に他ならない。


本題に戻ろう。

昨日イエローハウスの議事録が公開され、それを読んだ感想もいくつかのブログに載っている。
いろいろな見方があるが、みんなレイソルの将来を真剣に考えているということが伝わってくる。

ただ、全体を読んだ感想というのが多いように思える。これは参加できなかったことや、発言者が多くて議論が分散しているという点では致し方ない部分もある。

しかし、参加した身だから言えるのかもしれないが、諸事情などを考えながら読み込んでいくと、いろいろなことがわかってくる。

そこで、実際にイエローハウスに参加した自分自身の視点で、また諸事情・推測も含めて議事録について考察・分析をしてみたいと思う。


その前に、前提を。

・今回は参加者が34名という多人数(これまでの経験上、通常の3〜4倍以上)で、それだけ発言内容が分散してしまい、まとまりという面ではいまいち欠けるということ。つまり、あちこちに飛んでいる話を総合して判断する必要がある。
・役員代表として出席した寺坂さんは、おそらく場慣れしておらず、ちょっとかわいそうな立場だったこと。(フォロー役の人がいれば、もう少し質疑応答も変わっていただろうと思われる)
・僕がどの発言にかかわっていたかも基本的には書かないこととする。(議事内容に深く関与することになるため)
・自分の感想や推測は書くが、議事録に載っていない発言は一切載せない。掲載する発言は、すべて議事録の要約または抜粋である。これはイエローハウスの原則であり、クラブとの信頼関係を損なうことが理由である。



1.冒頭の寺坂さんの挨拶について
議事録を読まれた方は、まず「なぜ『監督やGMの解任』という意見に行き着くのか残念でなりません」という部分に不信感を持ち、噛み付いたことと思う。僕も含めて参加者もみな同じだ。

しかし、一晩、二晩と経ち、記憶の整理や寺坂氏の置かれた立場・(たぶん)場慣れしていないことを考えると一定の推論が導き出せる。

寺坂さんはイエローハウスに参加した以上は、サポーターに向けて一定の話をしなければならない立場ではあるが、同時に常務取締役という「中の人」という役職上、クラブ内部の人々の士気・モチベーションを落とさないようにしなければならない立場にある。
で、内側から見ると、

高橋監督と選手の信頼関係はしっかりしている
(日常的に見ている人の方がよくわかるのは当然。それ以外の要素については後述)
    ↓
ここで監督を解任したらその信頼関係がなくなり、チームがばらばらになる
(これも中の人なら容易に想像できる)
    ↓
選手のみならず、クラブで働く人々の士気が下がる
    ↓
2005年の悪夢再現

ということから、「今、解任したら2005年の再現になってしまうのに…」という思いが強く、それが「なぜ…」の発言につながったと言える。

つまり寺坂さんとしては、解任を求めるサポーターの気持ちが理解できないのではなく、「今は結果が出ていなくても、信頼関係が築けている監督をこのタイミングで解任することは、2005年の再現につながることになり、それだけは避けたいことをわかってほしい」というのが真意だということになる。このあたりは寺坂さんをフォローする人がいればよかったのではないかと思う。


2.「サポカンは開催しない」発言について
私もサポカン推進論者だったため、この発言には噛み付いてしまった。しかし整理してみると、寺坂さんの言葉が誤解を招いている部分も大きい。
議事録を見ると、「情報発信は『サポカン』という形ではなく、別の方法を考える」と言っているのだが、最初に「サポカンの予定はない」と言ってしまったものだから、「サポカンの予定はない=サポーターの話を聞かない」という誤解が一人歩きしてしまってしまい、紛糾してしまった。

その中でも注目すべき点はある。中盤からの小見さんの発言の中に、「今日この場から言える時期になったと思う」とある。

ではこれから何をどうやって発信するか、そしてクラブからの一方通行ではなく、サポーターとの双方向のコミュニケーションが取れること、そこが重要だ。
開かれたクラブを標榜しているのならば、最重要課題といっても過言ではない。

その意味で、今回のアルセウの登録抹消に至る3段階のプロセスを踏んだことは、良いやり方の一つだと思う。


3.「21試合で五分」の表現について
これも誤解を与えているが、フロントが最初から「五分でいい」と思っているわけではない。よく読むと、「残留のためには勝率5割で行かないといけない」と言っているのは参加者の方が先である。

逆算して出てくる数字なのだが、

残留のための勝ち点は最低でも40なければならない
    ↓
残り21試合での必要な勝ち点は31
    ↓
1試合あたりの必要勝ち点は約1.5という計算になる
    ↓
つまり1勝1敗ペース、勝率5割が必要

ということ。


4.高橋監督について
議事録では監督と選手の信頼関係について、「それは大丈夫」と小見さんはさらりと流しているが、少し上の発言の方が詳しく触れている。「選手自身は現時点で誰も監督の責任だけだとは思っていない」という発言の方が重い。

僕が驚いたのは、「前から一辺倒にプレスをかけていくのは変えたい、と主力選手の中からも意見が出ていた」(議事録から抜粋)という発言だ。
小見さんの発言を順を追って読み進めていくと、この意見を受けてかどうかは不明だが、高橋ヘッドコーチ(当時)が「石崎監督のサッカーをベースにアクションサッカーをやったがうまくいかなかった」(議事録より抜粋・要約)ということになる。終盤に残留争いに巻き込まれたのはこれが一因だろう。
しかしこの流れを見ると、石崎監督のプレッシングサッカーから高橋監督のアクションサッカーへの転換は、主力選手の意向も受けてという推測が成り立つ。

もちろん、選手が石崎監督を否定していたことなどあるはずがない。もしそうだとしたら、「石さんのために」を合言葉に天皇杯のファイナリストにまで行けるはずがないからだ。


しかし、石崎監督→高橋監督の方針転換は、単にフロントとの強化方針の相違だけでなく、選手の中にもそれを志向していた人がいるということになる。
そうなると、現時点で解任という手段をとらないこともわかる。選手と監督の目指すサッカーが一致しているからだ。それゆえ、歯車がいい方向に動き出せばうまくハマる可能性を十分秘めているという判断が働いていることと思う。確かに、選手と監督の志向するサッカーが乖離していたら、現在のように結果が出ずとも最後まであきらめずに戦うことなど到底できない。
その信頼関係を崩さないためにも、現在は続投の道を選んだのだと思う。

ただ、前線からプレスがかからないことにより、相手にいいようにボールを回されることが格段に増えたのは事実。また守備はクラブでの指導経験のない井原コーチに任せているためか、崩壊と言っていい状態だ。

このため、小見さんは続投としながらも、最後通牒を提示している。それがリーグ戦再開後の4試合。ここで勝率5割を切るようなことがあれば、解任は免れないだろう。これは僕の想像だが、小見さんは用意周到な人だから、すでに次の人はリストアップしていると思う。


5.補強について
アルセウについては、書くことがなくなってしまった。登録抹消したことから、そこに新外国籍選手を呼ぶことはほぼ間違いない。
また、これに小見さんの言葉「補強も考えていかなければいけない。アジア枠も含めて…」(議事録より抜粋)を重ね合わせると、アジア枠を活用するということが明らかになった。
ただ、そうするとA契約枠との兼ね合いが問題となる。誰かを期限付移籍として出すこともあることは覚悟しておいたほうがよさそうだ。



分析がフロント寄りと思われるかもしれないが、2005年の悲劇を繰り返さないという点では、クラブもサポーターも一致している。そのためには、両者とも歩み寄って苦境を乗り越える覚悟を持つことが一番大切である。
posted by SUN'S SON at 01:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

究極の選択、それは博打

大分戦で勝利したときと同じくJAVA TEAを水筒に入れて必勝体制で臨んだ。
しかし結果は敗戦…。

あらためて見てみたら、JAVA TEAのラベルってえんじ色…鹿の色ではないか!
しかも水筒の色は赤!
…自分が負けを呼び込んじゃったのかも…。
シンさんが出てくる暴れん坊将軍も終わっちゃったみたいだし…。

しかし「鹿を呑んでかかる」という意味ではよかったと思うんだけどなあ。後付けの理由じゃ説得力ないか。

それは冗談だとしても、この三連戦は厳しい相手ばかりだった。外部から見れば「順当」と言われるだろう。しかし、肝心なところでの守備の意識と集中如何によっては、勝ち点6も不可能ではなかったと思う。
しかし別の見方をすれば、中断前に厳しい相手との対戦を済ませることができたのはある意味ラッキーではある。

また怪我人が多かったことも要素として入れなければならない。

実は、僕はついこの前まで怪我人を成績低迷の言い訳にはできないというスタンスだった。それでは1996年の「野戦病院」状態での12連勝はフロックだったことを認めることになると思ったからだ。

でも実際、よく考えてみるとあの頃とは違うことがいろいろある。
・A契約の外国籍選手の保有枠(昔は5人、今は3人)
※スタメン・ベンチ入り合わせて3人というのは変わっていない。
・制度上引き分けがなく、延長Vゴールで勝った試合も数試合あった。
・エジウソンが凄すぎた。しかも怪我なしという意味ではフランサより貢献度大(ごめんねフランサ)。
・当時と今とのレベルの差
・J2創設前で降格(残留争い)がないことで、下位のチームのモチベーションは低かったと考えられる。
・ここまでボランチ総崩れになるとはさすがに予想困難。

それにしても次節の神戸戦。問題なく開催されるようだが、図らずも大変大きな意味を持つこととなった。

その意味は言わずともわかると思う…では話が続かないのであえて言うと、この三連戦の相手はともかく、次は同じく低迷している神戸。しかも昇格同期だ。ここで結果を残せないと、すでに一部では公然と騒がれている高橋監督の去就問題が現実味を帯びてくる。

とはいえ…監督交代か続投か?と聞かれたら、僕はこう答えるしかない。


「わからん」


スポーツに絶対はない。あるとしたらシンボリルドルフかディープインパクトかウォッカくらいだ。
(全部馬かよ)

シーズン途中で監督を代えるというのは一種の博打であり、メリット・デメリットを十分考慮した上で行わないと、棺桶に片足どころか、両足を突っ込んでしまうことになることを理解しないといけない。

そこで、自分なりにメリット・デメリットを考えてみることにする。


考えられるのは4パターン。
A 高橋監督続投(現状維持)
B 高橋監督辞任or解任→井原ヘッド内部昇格
C 同、日本人監督招聘
D 同、外国人監督招聘

ではAから順に。

A案:高橋監督続投

○良い点

1.人望があるので、今後も選手が皆諦めずに戦ってくれる
 これだけ結果が出なくても、選手が諦めず戦ってくれるのはシンさんの人徳。

2.怪我から復帰してきた選手を、即座に適材適所に配置できる。
 高橋監督は去年からレイソルにいるから、選手の能力を見きわめる時間が要らない。
 これは非常に大きなことで、復帰→即戦力アップになる。

3.得点力は落ちない
 これは今までの結果で実証済み。無得点試合は少ない。

4.モチベーションコントロールが比較的上手い
 怪我人続出によるやりくりもあるが、スタメンを固定せずに少しずつ変えることにより、選手のやる気を削がない。

5.ユース組の一部は終盤までに戦力に割って入るかも…
 大津のブレイクを見ると、名伯楽だけに期待が持てる。


×悪い点

1.守備力の大きな向上は望めない
 菅野のコメントを持ち出すまでもなく、怪我人が戻ってきても、今のままでは失点を減らせないことは明白。

2.大きな浮上はない
 上とかぶるが、点を取っても同じかそれ以上の失点を繰り返していては、結果がついてくるはずがない。

3.最初の一年でプレスからポゼッションサッカーに移行するのは無理
 にもかかわらず、今後も完全移行を目指すなら、それはすなわち「心中」を意味する。

4.フランサのスタメン固定に固執
 たとえ上層部からの圧力があったとしても、フランサは完璧な状態にしてから出すべき。
 また、フランサが途中出場することによる相手選手への心理的プレッシャーも考えて使い方を考慮すべき。

5.選手・スタッフともに相当なテコ入れが必要
 何も変えないというのは、このまま低空飛行を続けることになり、降格の憂き目を見る。
 高橋監督を支えるコーチ陣も経験に乏しいし、選手にしても今後は内容に目をつぶってでも結果を出さなければならない状況下では、補強は必要だろう。


B案:高橋監督辞任or解任→井原ヘッド昇格

○良い点

1.守備力アップ
 練習メニューの決定権を持つのだから、必然的に守備練習が増え、守備力増強につながる。

2.カリスマ性
 井原氏は、多くの選手にとっては少年時代のスターで憧れの人。選手を引っ張っていくのに相応しいカリスマ性を持っている。これはある意味高橋監督より上だろう。
 また、チュンソンの帰化を勧めたこともあり、彼のよき理解者であることは間違いない。

3.リベロが育つかも?
 日本のリベロの元祖ということで。

×悪い点

1.クラブでの指揮経験がない
 各クラブから選抜していた五輪代表と違い、限られたメンバーで構成しなければならないクラブで如何に勝つかという術はまだ持ち合わせていない。札幌の柱谷元監督の二の舞にならなければいいが…。

2.サポート体制を充実させる必要あり。
 上記の理由で、本人の経験不足を補える参謀が必要となる。

3.本人も複雑な思いを抱えることとなる
 そもそも井原氏は高橋監督に誘われて(請われて)レイソルに来た。その経緯からすると、真さんがやめたあとに自分がその職に就くことには少なからず葛藤があるはず。それが選手に伝播するのが心配。


C案:高橋監督辞任or解任→日本人監督招聘

○良い点

1.内部からは見えにくい部分の改革が期待できる
 「岡目八目」の言葉そのままに、外野から見ているからこそわかる問題点は必ずあり、これまでと違った改革ができる可能性がある。

2.今のレイソルなら引き受けてくれる人は多そう
 降格前の暗黒時代と違って、選手のモチベーションは高く、結果が伴わないがサッカーの質はなかなか高いので、「オレならこうする」と思っている人は結構多いと推測する。となると引き受け手にはそれほど困らないのでは。

3.戦力の見きわめにあまり時間がかからない
 国内にいるので、生観戦でなくても何らかの方法でレイソルの試合は見ていると思う。よって選手の適正をつかむのにそれほど時間はかからないと思う。ナビスコカップ予選で十分把握できると思う。

×悪い点

1.石さん・真さんほどの人望は望めない可能性が高い
 これは次に来る人が云々ではなくて、石さんと真さんが突出していたから。

2.起用法に軋轢が出るかも
 例えばシステムが変わるかもしれないし、そうすればそこに入れる選手も変わる。また、選手の特性に応じてシステムを考える人か、システムに選手を当てはめていく人かでも起用法は大きく異なる。

3.S級を持っていて、しかもカリスマ性のある人は意外と少ない
 これは主観。

4.ハズレを引く可能性
早野氏のような人が来たら、もう絶望的。


D案:高橋監督辞任or解任→外国人監督招聘

○良い点

1.先入観がない
 レイソルの試合を見ていない分、自身の目でこれまでの起用法にまったく固執することなくチームを再構築できる。

2.内容よりも結果重視のサッカーをする
 内容を無視するわけではないが、残留が目標である以上、「内容が悪くても勝つ」という方向に狙いを絞るのに躊躇がない。

3.選手の意外な適性を見出せる可能性
 1と被るが、先入観がないがゆえに各選手の現在のポジションにこだわらない見方ができ、コンバートによって成功する可能性も大いにある。それが現在の硬直した状況を抜け出すきっかけにもなりうる。

4.修羅場をくぐり抜けてきた経験がモノをいう
 正直、この種の経験は外国人監督の方が一枚も二枚も上。だから修羅場にも動じず、冷静に対処できる。
 また、それゆえプロとしての心構えや自己管理への要求水準は高くなり、それが選手・スタッフに意識改革をもたらす可能性は高い。

×悪い点

1.どれだけパイプを持っているか不明
 そもそも外国人監督を招聘できるパイプがレイソルにどれだけあるかわからない。事実上ブラジル人監督に絞られるか。

2.高額な年俸
 必然的にそうなる。レイソルがそれを支払えるか。

3.人事に関する対処
 招聘する監督が併せて自分の見込んだ外国籍選手を連れて来た場合(アウレリオ監督のときのリカルジーニョのようなケース)、事実上ポポかアルセウが契約解除となる。その場合は違約金も発生する。
 スタッフの同時加入は制限がないが、現在のスタッフとどうやっていくかという問題はある。

4.かなりの確率でフランサ中心のシステムとなる
 外国人監督でフランサを知らない人はいないだろう。というか、レイソルの選手ではフランサしか知らないはず。そうなると、「フランサに他の選手が合わせる」という戦術がもっとも手っ取り早いはず。現在もその傾向はあるが、新監督がフランサに依存するばかりに、怪我から復帰してもまたオーバーワークになってしまう懸念がある。

5.遅くとも6月前半までの来日が必須
 最初の降格危機を救ってくれたアウレリオ監督も、就任後2試合は戦力の把握に専念したと聞く。それを考えると、少なくともナビスコカップ予選2試合、できれば3試合以上の指揮を取って、戦力の把握をすることが必要となる。今年の状況では、リーグ戦が再開してからの就任では危険。

6.当たり外れ
 ドゥドゥの監督版にならなければいいのだが…


以上、大変主観的ではあるが、今後のパターンのシミュレーションをしてみた。

一つだけ確かなことは、これが絶対という答えはないということ。
それぞれのメリット・デメリットを吟味した上で決めなければならない。

上に記したとおり、特に高橋監督続投の場合は、相当なテコ入れが必要だと思う。やはりトップチームの監督経験が初めての人には、それなりのサポート体制が不可欠だ。「現状維持は退歩」と考えなければならない。
このまま何も変えないというのは、人望ある優秀な指導者をつぶしてしまうことにもなりかねない。それはレイソルの運命のみならず、日本サッカー界の損失だ。

また、監督交代という選択肢を選んだならば、迅速に動かなければならないのは言うまでもない。
プロのクラブだから、リスクマネジメントとして既にリストアップはしていることと思う。神戸戦の結果如何で左右されることとは思うが、リスクマネジメントとして初動が大事なことは論を待たない。


とにかく今年の目標は残留。それしかない。


僕ならどうするか…?

…うーん、原博実さんなんかどうでしょ。

でも真さんで残留できるなら、それに越したことはないんだよなぁ…。
posted by SUN'S SON at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。