2008年07月11日

よくぞ「陸上競技場」で

僕のアウェー名古屋戦の思い出の良し悪しは、試合会場に大きく左右される。


一番いい思い出は、瑞穂陸上競技場。ここでは生観戦で負けたことがない。ミューレルとカレッカのアベックゴールが観れた。特にカレッカのゴールは飛び込んでくるGKをリフティングでかわし、それをあざ笑うかのように宙に浮かんだボールを無人のゴールに頭でポンと入れるという痛快なゴールだった。僕はそれを目の前で見ていた。
そしてもう一つの生観戦勝利は、ベンゲルの最後の試合、片野坂のクロスがそのままゴールに吸い込まれ、Vゴールとなった。
もう一つはエジウソンのロスタイムのゴールで引き分けの試合。これは±0か。

それ以外の思い出はよくない。

豊田スタジアムの生観戦は二回行って二回とも負けた。
去年は瑞穂「球技場」の方で降りしきる雨の中、古賀の退場と完璧なフランサ封じを見せられた。

試合会場別に数値化してトータルで考えると、

瑞穂陸上競技場 +2
瑞穂球技場   −1
豊田スタジアム −2

差し引き−1。うーんよくない。

しかし今度は瑞穂「陸上競技場」。+2なのである。いい思い出の地なのだ。生観戦で勝利を二度も見届けた場所だ。もっとも、今回はスカパー観戦だが。

それに、去年も「再開後」のレイソルはは破竹の強さだった。
恐れるものは何もない。いざ、スカパーの画面の前で戦闘態勢に入るのみである。

posted by SUN'S SON at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102668614

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。