2008年12月07日

最終節神戸戦と人事の話など

神戸戦はレイソルの試合を中心にスカパーでザッピングしていた。しかし千葉の4得点は見逃した。谷澤がいい仕事をして、まずはめでたい。

レイソルも、石さんのリーグ戦最終節を勝利で飾れたのは非常にめでたい。去年は磐田に粉砕されただけに、余計にうれしい。

神戸戦のに得点は石さん曰く「ラッキーな2得点」ということだが、確かに2点目はオウンゴールというラッキーな面もあっただろう。しかし1点目は、実はポポの頭脳的なFKからだと思う。

1点目が決まる前、ポポは同じような場所でFKを蹴っている。これは相手GKに横っ飛びで阻まれたが、この状況を見て、彼は次はGKの前でショートバウンドする球を蹴ればGKが捕りにくく、可能性は広がると考えたのではないかと思う。果たして二本目のFKは、GKの前でショートバウンドする非常に捕りにくいボールとなった。あれはラッキーではなくて、ポポの計算が入っていたのではと思う。

この試合は、守り合いという言葉がぴったりする試合だった。個人的MVPは祐三。読みが冴えていて、相手の攻撃の芽を数多く摘んでいたと思う。


さて来季の監督人事だが、報道では高橋コーチの内部昇格が取りざたされている。今年石さんのサッカーをサポートし、それなりに納得のいく人事ではある。また、2007年、横浜FMで早野氏が監督に就任したときには反対運動まで起こったが、そこそこの成績を収められたのは、高橋さんが事実上の監督だったからだ。そう考えると、人事面ではレイソルの選手の特徴も把握しているし、無難な選択と言える。
しかしやはり事実上の監督はやったことはあっても、トップの正式な監督は初めて。もし彼を監督に据えるならば、それなりのサポートを望みたいものだ。

一つには、報道でも取りざたされたことのある高木氏の招聘。別に監督でなくてもいい。コーチで就任を要請するのもありだと思う。東京Vの自動降格で時間的余裕もできたし。
以前のエントリーでも書いたが、高木氏は守備からチームを構築する人。2007年の横浜FCの降格は、絶対的な戦力不足が主な原因だったが、レイソルには守備のタレントが揃っており、強固な守備を築くことが期待できる。
もう一つはユース監督の吉田達磨氏のトップチームコーチ就任。ユースであれだけの人材を育て、石さんとは違うポゼッションサッカーを志向している。これらが融合すれば、来季のレイソルは運動量に加えて強固な守備をベースにしたポゼッションサッカーへの脱皮が可能になるのではないか、そのように考えている。

いずれにせよ、オフの報道に一喜一憂することは間違いないが。
posted by SUN'S SON at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。