2009年02月22日

ちばぎんカップ終了

表彰式を見届けて、先ほど帰宅。3−1の勝利。

2009年最初の選手コールは、アルセウ。長期離脱を余儀なくされた彼に、みんなのコールで元気を出してもらおうというゴール裏の温かさを感じた。

監督コールも、石さんのときと同じく継続。


試合の流れについてはほかの方に譲るとして、感想を。

7分にミノルがゴールしてからは、前半の攻撃については見るべきものは無いように思う。
しかし守備に関しては、「相手の攻めを遅らせて、その間に陣形を整える」という共通認識ができていた。谷澤にゴールされたのだけは、うまくやられてしまったという感じ。

後半が開始して数分で、古賀が負傷退場。これが今日の一番の懸念材料といっていい。担架で出されて少しの間治療したが、結局近藤と交代。シーズン前なので大事を取って交代させたのか、もっと重いのか。ただ、メディカルスタッフが「肩貸そうか?」というジェスチャーをしていたが、首を振って自分で歩いていたのと、あまり足を引きずっているようには見えなかったので、前者であることを信じたい。最後出てこなかったけど・・・。
しかし古賀が抜けてからも無失点だったのは評価していいと思う。

攻撃がよくなったのは、ポポが入ったこと、両サイドバックが高い位置に上がるようになってからのように思う。ミノルのゴール以来、スペースに走りこむ人が誰もいなかったのが攻撃の停滞を招いていたし、サイドバックが高くあがってクロスを上げることにより、ペナルティエリア・バイタルエリアにストライカーを多く配置できる。

実はこのことは、日立台通信で田村脩前コーチが指摘していたことで、2009年1月号(大谷と石崎監督が表紙)の11ページにミノルを例に挙げて間接的に指摘している。要約すると、彼は左45度から中に切れ込んで打つシュートが武器なのに、そのチャンスがありながらバックパスやクロスを狙っていたのでは意味が無い、とある。

ゴールする役割の人が、特徴を活かしながら役割を果たすことを考えた結果、クロスはサイドバックに任せるという方法を試してみた結果が今日のスタイルだったのかなと思う。

表彰式終了後、ゴール裏から「頼むぞ高橋名人!」という声が上がっていた。この意味がわかる人の閉める率は日立台が一番かもしれない(笑)。


対戦相手が去年誰もが降格すると見ていた千葉とはいえ、最初の試合を勝つことはいいことだ。これで古賀が軽傷で済めばもっといいのだが…。
posted by SUN'S SON at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。