2009年03月26日

金町雑感

金町ダービー…もうこの言葉を復活させてもいいんじゃないかなあと思うが、途絶えたのが6年前ということで認知度が低いのかもしれない。特に最近は圧倒的にレイソルが勝ち越しているので、東京側は使いたがらないかもね。
でも「金町」の名前が生きていた降格危機の2002年、最終節でレイソルがガンバをリードしているのをカシマスタジアムで東京サポが見て、みんなレイソルコールを送ってくれたという話を人づてに聞いている自分としては、どうしても彼らが悪い人には見えないんだなぁ。たまたまピッチ乱入事件を見ていないからかもしれないけど、あの頃のレイソルと今とはほとんど違うわけだし。

というわけで、僕の中ではこの対戦は、いまだに金町ダービー。

3−1とある程度安心できるスコアにもかかわらずぜんぜん気が抜けなかったのは、先日の横浜戦で追いついたから…ではなく、唯一の失点があまりにもお粗末だったから、またやらかさないかと気が気でなかったため。

公式ページを見ると一見、雄太のミスのように錯覚するが、あれは完全に次郎のミス。
映像がないので記憶でしか語れないが(スカパーのJリーグパックは、今年からナビスコカップが観れない!フジテレビ721と739が対象外になった)、順を追ってみると、

1.バックパスを雄太が次郎に蹴りだす
2.それを次郎が雄太を確認せずにまた戻す
3.雄太、予想外の出来事に驚く。蹴る体制もろくに作れず、「おいおいまたかよ」という表情でかろうじてクリア。
4.それをカボレにさらわれ、失点。

次郎はたまにこういう致命的なミスをする。去年もCKに手を出したのは記憶に新しい。
まあ、その致命的なミスが今日出たので、確率的に今年はもうないと安心できるが(笑)。
失点後、近藤が次郎を叱っていたが、遠めに見てもあれほど怒った近藤を見たことはない。でも、そりゃ怒るわなぁ。古賀がメンバーに入ってたらもっとシメられてたぞ。

とはいえ、終わって落ち着いて考えると、やっぱりいい面が随所にあって、それが結果に現れたのは自然なことと思う。
「槍」の太田が戻ってきた
雄太の試合勘は鈍っていない
ポポは横浜戦の切れ味をそのまま維持
大津の躍動と初ゴール
それ以外にも好材料が揃っているのだから、振り返ればいい勝ち方だったと思う。

この勝利は、単に勝ったことのみならず、大きな意味を持つ。このメンバーで初勝利を挙げたことで、チーム内競争は、さらに激しくなるだろう。それによってみんなが切磋琢磨し、チーム力の底上げにつながる。その意味でもとても価値ある勝利だった。
posted by SUN'S SON at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。