2009年10月24日

内なる敵と「接待サッカー」

また何とか文章を書けるようになってきたので、よろしくお願いします。


敗戦を告げるホイッスルが鳴ったときの選手の落胆ぶりから、「総力戦」なのは間違いないと思う。
ただ内容は………。


ポポと大津を両サイドに置き、右はスピード、左はドリブル突破で崩すという意図が明確な布陣。確かにポポを経由するボールは多く、大津のドリブルも多い。しかしここで致命的な問題が。

1.ポポを経由する以外のボールも含めて、相手に読まれすぎ。岡目八目ということを差し引いても、スタンドで「次はここかな」と思っていると本当にそこにボールが出る確率がとても高い。これでは山形の選手が読むのはもっと簡単で、カットされまくりだった。

両チームとも基本的にカウンターのチームと言っていいと思うが、山形は潔いほどのマンマーク。あれを一瞬でもかわす動きができたら、それだけでチャンスは大幅に増えるのは、素人の自分にでもわかる。

2.大津のフォローが誰もいない。苦し紛れに中央に切れ込むと、待ってましたとばかりに数をかけて潰される。

大津は前にスペースがあってこそ活きる。キタジあたりが昔みたいにつぶれ役になって大津のコースを空けるか、大津とミノルのコンビネーションを磨いて、受け渡しのパターン・ポジショニングのバリエーションを増やし、なおかつミノルはある程度は周りを気にすることなくチャレンジして打つ、できればポポと同じくらいシュートを打つ、そして相手が警戒しているときに再び大津がシャドウとして顔を出すなど、大津を起点にした攻撃のバリエーションは多く作れるはずだし、それが今の得点力不足から脱却するための大きな要素の一つだと思う。

その他、バックパスの多さは相変わらずだし、パクドンヒョクが何とか前を向かせようとロングパスを前に蹴り込んでも、後ろに戻してしまう。ラグビーじゃないんだから(ラグビーは前にボールを投げると反則)。


かつて、僕の仲間内ではよく「接待サッカー」という言葉を使っていた。「チームのポテンシャルはあるのに、試合のレベルを相手に合わせてしまう」というものだ。
ネルシーニョ監督になってから大敗は減ったが、相変わらず引き分けが多いのは、この癖があるような気がしてならない。
その証拠に、浦和・名古屋という上位チームからは、点差はともかく3ゴール以上を挙げている。これはひとえにレイソルが本来持っているポテンシャルが高いことを示していることに他ならない。「負けてもともと」とまでは言わないが、選手たちもある程度落ち着いてプレーできた結果ではないだろうか。

つまり、「勝たねばならない」という力みが、本来持っているポテンシャルをスポイルし、知らず知らずにサッカーを相手のレベルに合わせてしまう「接待サッカー」をしてしまう、ということになっているのではないか、というのが僕の推測だ。

そうなると残り4試合で大切なことは、「勝たなければならない」という力みを可能な限り持たないことではないだろうか。現実的には一つも落とせない状況にあるのだが、選手の力み・緊張を取り除くこと、そして相手との相性やサッカーのスタイル・レベルにかかわらず、自分たちのサッカーを全うすること、そうすれば道は見えてくる。


選手・スタッフ・フロント・サポーター、みんなが気づくべきだ。

「残留を阻む敵は自分の中にこそいる」ことを。
posted by SUN'S SON at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。