2010年05月03日

祐三交代の意図

愛媛の守備はやっぱり堅かった。とにかく寄せが、出足が速い。
それだけでなく、その後の展開やカウンターも素早くて脅威だった。

それにしても前半と後半で攻勢が全く変わっていた。
後半に守勢に回ったのは、祐三が何らかの理由で交代したことでレアンドロ・ドミンゲスが前めでプレーできる機会が減り、その結果愛媛の攻勢を強くさせたこと、橋本和のスタミナ切れで左サイドからの攻撃の機会と精度が落ちたことなどが原因だと個人的には思っている。
ネルシーニョもスタミナ面から考えて、本当は藏川を和と代えたかったと思うが、祐三と代えた理由は?だいたい3つくらい思いつく。

1.甲府戦に向けての温存
2.「守りきる」というメッセージ
3.アクシデント

2にしては時間が早すぎる。おそらく1か3だろう。

祐三の温存なら非常に単純明快。今年は例年にも増して、両サイドの攻撃参加が重要になっているからだ。オーバーラップした祐三とレアンドロのホットラインは相手の脅威になっている。
また、和もまだまだスタミナに難があるものの、得点に絡むプレーを見せている。今後和がスタミナをつけてくれば、前半のようなサッカーを後半も続けられるだろう。

祐三のブログにはそのことには触れられていない。
彼が怪我したとすれば…ちょっと心配。でもその場合は、次節はクラだろう。パフォーマンス的に落ちることはないと思っている。

次は大逆転勝利で5連勝中の甲府とアウェー。とはいえこちらも3連勝だ。勢いを手堅さで止めようではないか。
posted by SUN'S SON at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148594205

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。