2008年03月13日

柏を離れるにあたって

柏を離れる前に完勝の試合を観ることができてよかった。
内容については他の方々が書いているから、いまさら触れない。


次のホームからは佐倉市から行くことになる。歩きも入れると1時間半くらいだから、そんなに遠くはない。とはいえ佐倉はホームタウンエリア(活動エリア)外。千葉市にも隣接しているから、どちらかといえばジェフ寄りだ。

実はホームタウンエリアを本格的に離れるのは12年ぶりだ。2001年のシーズン終盤に三ヶ月ほど離れたが、それを除けばずっと柏か野田の活動エリアにいた。

その12年前というのはどこにいたかというと、岐阜。93年から転勤で赴任していた。
初めての地、慣れない仕事の中で、自分と地元をつなぐ唯一のものがレイソル。
大げさに言えば、心の支えだった。


あの時遠隔地にいなかったら、ここまでレイソルに入れ込むこともなかったような気がする。


任期が終わって地元に戻り、毎試合ホームゲームを見に行ける喜びを感じた。
節目の試合の多くはスタンドで見ていた。
ナビスコ優勝、鹿島に引き分け逃したステージ制覇、残留を決めた2002年の最終節。

そして入れ替え戦で降格したあの日。


1人暮らしを始めるなら柏、と物件を探していたとき「日立台」の地名で決めてしまったのはレイソルがJ2にいるときだった。


岐阜にいたときのように、ホームタウンの外にいれば、また違った形のレイソルを見ることになるかもしれない。
しかしホームゲームのときは柏に戻ってくる。
そこが岐阜のときとは違う。

日常をホームタウン外で暮らし、試合のときは日立台に戻ってくる。そこで新しいものが見えるかもしれない。

それもまた楽しみではある。
posted by SUN'S SON at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89444723

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。