2008年03月29日

日立台でドーピング

JFLは今は3部リーグだが、J2ができるまでは2部だった。
毎年の公式プログラムには表紙にキャッチコピーがあって、1997年は、
「興奮が足りません。ビタミンJFLを補給してください。」
だった。

----------

佐倉に来て二週間。始発駅からの通勤は楽だ。睡眠時間が1時間増えたのに等しい。

でも、「元気があるか?」と問われると、首を横に振らざるを得ない。


確かに引越し疲れもある。いまだに片付かないものもある。周辺の地理を覚えるのも大変だ。環境がまったく違うわけだから大変なのは当然だ。
でもそれは、日立台に引っ越したときも同じだったはずだ。むしろあのときは、当時まだ座れたTXに乗れなくなって通勤事情が悪化したと言ってもいいのだ。


原因を考えると、やっぱり「日立台を離れたから」という結論になってしまう。

ベランダからサッカー場の照明塔が見えたときの感激は忘れられないし、バスを降りて帰路につくときには、サブグランドでユースが練習しているのが見えた。試合も練習も歩いて観に行けた。住所を書くときはいつも一人で悦に入っていた。

佐倉に来たことを公開しているわけではない。しかし、離れてみてあらためて、「日立台」が自分にパワーを与えてくれたことに気づく。
しかし柏に住むのはお金がかかる(柏市は人気があるから住居費が高いのだ)。だから僕にとって、もう一度柏に住むことは目標であり今のモチベーションでもある。

とはいえ「日立台パワー」を失って、エネルギーが枯渇しているのもまた事実。
冒頭の言葉を借りれば、まさに「日立台パワーが足りません。ビタミンレイソルを補給してください。」の状態なのだ。

だから明日の札幌戦では、思いっきり日立台の空気を吸う。体の隅々まで日立台パワーとビタミンレイソルを行き渡らせる。


マラドーナの言葉を借りれば、こんな感じか。

「私がやったドーピングは日立台だけだ」
posted by SUN'S SON at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91511531

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。