2008年04月11日

ドイツW杯の思い出 その2

matatabi.jpg
(発売秒読みです)

1月末にチケットの抽選が行われ、メールにて結果が通知されてきた。

当選したのは、
・6/19(月):サウジアラビア×ウクライナ(ハンブルク)
・6/21(水):イラン×アンゴラ(ライプチヒ)
・6/22(木):ガーナ×USA(ニュルンベルク)
・6/23(金):ウクライナ×チュニジア(ベルリン)

予想通りブラジル×オーストラリアは外れました。とはいえ勝率は4/6=66.7%だから、なかなかの高率だ。
しかし6/20(火)のコスタリカ×ポーランド(ハノーバー)がはずれたのは意外だった。ドイツの裏だし、組み合わせも地味だし、いけると思ったんだけどなぁ…。

ちなみに席は全部カテゴリー1。カネかけました。

さて、6月は会社の夏休みの対象期間に入っていないので、有給を取らねばならない。5日間の連続休暇なので、とにかく早めに根回しをすることにした。当選通知が来てすぐ上司に報告し、懇願した。
上司は「しょうがねぇなぁ」という感じで、「まあ…年休使っていくしかないんじゃないの」と一言。これで言質が取れた。

ここでこの旅の方針だが、
・ 拠点はハンブルク。移動はベルリンの方が楽だが、当時ドイツ3部のFCザンクト・パウリのホームタウンということで、初心貫徹とした。
・ 移動は基本的にICE(ドイツの超特急)
・ ニュルンベルクのときは試合後ハンブルクに戻れないので、別に宿をとる。

飛行機と宿はネット予約で取れた。
(6/17(土)発)成田−パリ−ハンブルク(6/17(土)着)
(6/24(土)発)ハンブルク−パリ−成田(6/25(日)着)

国内の鉄道は、旅行会社でジャーマンレイルパスというのを買った。これでICEを含むドイツの鉄道が乗り放題となる。


さて、なぜチケットの当選が決まらないと宿がとれないのか?
それは、W杯期間は「とりあえず押さえておく」というのができないからだ。この期間は宿代が高騰するほか、押さえたら最後、キャンセル料が100%かかる。これは世界中から人が集まる超売り手市場だからできるわけ。

英語の会話能力のない僕は、ネット予約に頼るしかない。ネット予約にはクレジットカードが必要。ということはキャンセルしたらそのカードからキャンセル料を確実に徴収されてしまうということになる。

僕のように拠点が決まっていても、試合のスケジュールによっては別のところに泊まったり、荷物をまとめて移動しなければならなくなることもある。だからすべての試合が判明して行程を決めないと、宿代がムダになる可能性が大きい。


すべての行程が決まり、最後にConditional Ticketというのを申し込んだ。要するにキャンセル待ちだ。だめもとということで、18日のブラジル×オーストラリアではなく、同日の日本×クロアチアを申し込んだ。
posted by SUN'S SON at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。