2008年04月13日

次郎の転機

ゆうべ次郎眠れたかなあ・・・と心配になった。

二枚目のイエローは、流れをつかみつつあるレイソルにとってあまりにも痛かった。オフィシャルの実況では「相手に押されて手で触ってしまった」とあるが、中継を見れば明らかに故意。

なぜ、あの場面で手を伸ばす必要があったのか。

祐三のときは「気にしないで切り替え」と書いたが、今回の次郎には猛省を促したい。

後半の立ち上がりからのレイソルには安定感があった。テレビの画面からも点が取られる気がしなかった。
それだけに、あの退場は悔やまれる。


しかし猛省を促すのも、次郎が高いポテンシャルを持っているからこそ。

巌のいない中、本職のCBからボランチを任されてもしっかりゲームを作れる能力と効果的な攻撃参加。2006年にも見ているが、やっぱり次郎の能力は高い。

今回の退場と敗戦で、ある意味「怖さ」を知ったことと思う。しかしそれは、次郎のサッカー人生に結果的にはプラスに働くと思う。

優れたプレイヤーが一つ一つのプレーの意味を考えて動くようになったとき、それは更なる飛躍のステップになる。
一挙手一投足に責任を持てるプレイヤーに次郎はなれると思う。

だから鎌田次郎というプレイヤーにとって、今回の退場は現時点では大きなマイナスだが、彼のサッカー人生をトータルで見ればプラスになっていく大きな転機になると思う。

次々節にはさらにクレバーになった次郎を見ることができるだろう。

待ってるぞ。
posted by SUN'S SON at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。