2008年04月20日

信頼と依存

3点目を取った後に、「勝ったな」と思った。
点差以外の面で、「今日はもらった」と確信した。

大谷のゴールのあとのキックオフの直前、ヴェルディの土屋とディエゴが何か言い争っていた。ディエゴの声はスタンドまで聞こえ、「ダメだこりゃ」とばかりに両手を広げていた。
GK土肥も、ゴールキックのときに、指示の中に感情的な声が混じり怒鳴っていた。
(上記3人が皆レイソルOBだということとは無関係だと思いたい)

選手間の信頼関係がないヴェルディに、意思統一の明確な今日のレイソルから3点取る力はないと思った。


今日のレイソルは素晴らしかった。中でもアレックス。攻撃のアクセントにも起点にもなりアシスト・ゴールと、今日のMVPと言っていい。
ちなみに、「なんで今まで使わなかったの?」とよく言われるが、復帰直後にまた軽い怪我をしたと聞いている。


今日の結果を見て、「茂原じゃなかったから勝った」と言う人も多いかと思う。けれど僕はそれには異を唱える。

シゲの技術の高さは語るまでもない。開幕戦で非常に驚いた記憶がある。代表候補に選ばれたことからもそれは裏付けられる。
ではなぜ「茂原だと…」と言われてしまうのか?
それは上に書いた「信頼」という言葉に関係する。

(シゲの名誉のために前置きするが、彼が信頼されていないということではない)

レイソルはみんな仲がいいとよく言われる。仲がいいのは信頼関係が強固になることにつながる。
だから意思統一がしやすいという利点がある。

そして、今日のように「プレスをかける原点に」という明確な意思統一を持ったときには、その方針の上で仲間を信頼し、能動的に動ける。
しかし、対戦相手との関係などで、その意思統一に則ってサッカーができないとき、仲間を「信頼」するのではなく「頼って・依存して」しまい、仲間がボールを出してくれるのを待つというような受動的な動きになる。

受動的な動きではやはり勝てない。

たまたま茂原が左サイドで出た時期と、「受動的な時期」が重なったために、実のスピードと比べて「相手に寄せられてしまう」と見えたと思っている。

もとよりシゲは実のようなスピードを求められているのではなく、ボールを落ちつかせて攻撃のリズムをコントロールすることを期待されていると思う。本来トップ下で使うのが理想的だが、それでは中盤がダイヤモンド型になり、太田の位置が下がって彼のスピードが活きないということで左で使っているのだと思う。また、そうすることによって右はスピード・左はボールを散らして攻撃に厚みを持たせるという違った役割を両サイドに持たせることができる。

今日のような明確かつ相手によってブレない強い意思統一の上に臨めば、メンバーが変わっても変わらぬクオリティのサッカーができるはずだ。
信頼関係の強固なレイソルならば、それは難しいことではない。


とにかく、今日の大勝でチームのやり方もブレがなくなってくると思う。今後どのような布陣を組むか…それは石さんの頭の中にのみあるのだろう。

posted by SUN'S SON at 00:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93960500

この記事へのトラックバック

柏記録紙: 信頼と依存
Excerpt: 今日の結果を見て、「茂原じゃなかったから勝った」と言う人も多いかと思う。けれど僕はそれには異を唱える。
Weblog: Reysoloid
Tracked: 2008-04-20 11:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。