2008年05月07日

きのううれしかったこと

試合終了の笛が鳴ると、次郎は両膝をついたまま、しばらく動けなかった。
よほど疲れたんだなぁと思った。

きのう日立台で見た次郎は、これまでのポジショニングのよさに加えて、可能な限り1タッチで出すことを心がけていたように見えた。リズムを大切にすることを課題に試合に取り組んでいると思った。終了直後のあの疲れた姿を見て逆に、前を向いて限界に挑み、日々進化している姿が感じられて嬉しかった。


3ゴールとも嬉しいが、特に嬉しかったのは石川のゴールだった。
前回のエントリーで石川のガッツに期待していることを書いたが、そのガッツがゴールという形になって結実を見たのが非常に嬉しい。
2006年最終節の昇格のかかった大一番で、非常に難度の高いバックヘッドを決めたのが印象に残っている。重圧を強い心ではねのける石川直樹にこれからも要注目である。


そしてポポ。2アシストも嬉しいが、これまでよりも激しくプレッシャーをかけに行く姿が、戦術の浸透と、彼自身のコンディションが非常にいい状態にあることを見て取れて嬉しかった。
中断明けにはフランサも戻ってくるだろう。そのとき彼の楽しみにしている、そして我々も楽しみにしているフランサとのコンビがどう炸裂するのか、期待が膨らむ。

11試合で勝ち点17、1試合平均で1.545。計算上はこのペースでいくと今シーズンの勝ち点は52だが、目標の55をクリアできることは信じて疑わない。昨日の試合を見て、これからの加速がいっそう楽しみになった。
posted by SUN'S SON at 18:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

柏記録紙: きのううれしかったこと
Excerpt: 試合終了の笛が鳴ると、次郎は両膝をついたまま、しばらく動けなかった。 よほど疲れたんだなぁと思った。
Weblog: Reysoloid
Tracked: 2008-05-08 00:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。