2008年12月07日

最終節神戸戦と人事の話など

神戸戦はレイソルの試合を中心にスカパーでザッピングしていた。しかし千葉の4得点は見逃した。谷澤がいい仕事をして、まずはめでたい。

レイソルも、石さんのリーグ戦最終節を勝利で飾れたのは非常にめでたい。去年は磐田に粉砕されただけに、余計にうれしい。

神戸戦のに得点は石さん曰く「ラッキーな2得点」ということだが、確かに2点目はオウンゴールというラッキーな面もあっただろう。しかし1点目は、実はポポの頭脳的なFKからだと思う。

1点目が決まる前、ポポは同じような場所でFKを蹴っている。これは相手GKに横っ飛びで阻まれたが、この状況を見て、彼は次はGKの前でショートバウンドする球を蹴ればGKが捕りにくく、可能性は広がると考えたのではないかと思う。果たして二本目のFKは、GKの前でショートバウンドする非常に捕りにくいボールとなった。あれはラッキーではなくて、ポポの計算が入っていたのではと思う。

この試合は、守り合いという言葉がぴったりする試合だった。個人的MVPは祐三。読みが冴えていて、相手の攻撃の芽を数多く摘んでいたと思う。


さて来季の監督人事だが、報道では高橋コーチの内部昇格が取りざたされている。今年石さんのサッカーをサポートし、それなりに納得のいく人事ではある。また、2007年、横浜FMで早野氏が監督に就任したときには反対運動まで起こったが、そこそこの成績を収められたのは、高橋さんが事実上の監督だったからだ。そう考えると、人事面ではレイソルの選手の特徴も把握しているし、無難な選択と言える。
しかしやはり事実上の監督はやったことはあっても、トップの正式な監督は初めて。もし彼を監督に据えるならば、それなりのサポートを望みたいものだ。

一つには、報道でも取りざたされたことのある高木氏の招聘。別に監督でなくてもいい。コーチで就任を要請するのもありだと思う。東京Vの自動降格で時間的余裕もできたし。
以前のエントリーでも書いたが、高木氏は守備からチームを構築する人。2007年の横浜FCの降格は、絶対的な戦力不足が主な原因だったが、レイソルには守備のタレントが揃っており、強固な守備を築くことが期待できる。
もう一つはユース監督の吉田達磨氏のトップチームコーチ就任。ユースであれだけの人材を育て、石さんとは違うポゼッションサッカーを志向している。これらが融合すれば、来季のレイソルは運動量に加えて強固な守備をベースにしたポゼッションサッカーへの脱皮が可能になるのではないか、そのように考えている。

いずれにせよ、オフの報道に一喜一憂することは間違いないが。
posted by SUN'S SON at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

戦力外ゼロについて

報道によると、レイソルの戦力外はゼロらしい。まずはめでたい。

しかし、「戦力外通告」というのはあくまでもクラブから三行半を突きつけられたということで、今後その逆もありうる。

例えば、石さんが見いだした人材、石さんが招いた人材は、石さんを慕って石さんが新たに監督をするチームに移籍する可能性だってある。
また、出場機会を求めて他チームへ移籍する選手もいるだろう。
そして忘れられがちなのが、戦力外ゼロというのは、あくまでもクラブ側が来季の契約を結ばないという意思を示した選手がいなかったということで、提示された金額でサインし更改したわけではないこと。条件闘争をする選手がいることも予想できるし、好条件の他チームへの移籍もあるかもしれない。

それから、監督を替えてまでさらなる飛躍を目指すならば、補強すべきポイントもあるし、現在レンタルで所属している選手の完全移籍もしくはレンタル延長をしなければならない。

確かに戦力外ゼロというのは、愛着のある選手がクラブを離れる確率が低くなったという面ではうれしいこと。しかし、監督を替えてまで飛躍を画策するクラブは、これからが勝負と言える。

石さんを替えてまでチーム強化を選択したのだから、今年と同じような成績では誰も納得しないだろう。僕だって納得しない。

今後のフロントの手腕に期待する。
posted by SUN'S SON at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

不景気やねぇ…

金融危機の影響が、サッカー選手の契約更改にも影響しているような…。
大島や我那覇が戦力外とはねえ…。
そして仙台では、岡山・由紀彦・田ノ上が揃って戦力外。

ウチもユースからの大量昇格というのはうれしいけれど、片方でそれだけ戦力外が増えそうなわけで(ユース枠があるにしても)、人件費の圧縮とも取れなくはない。

パッパラーさんのブログにもあるとおり、日立は粗利で1890億円の黒字を出しているので、いくらかでも余計にレイソルに回してくれないかな。
posted by SUN'S SON at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

ぼくだってさびしいよ

前回・前々回のエントリーで「こいつは反石崎か」と思われそうでちょっと気になってます。

石さんがいなくなって僕も寂しいです。クラブとサポーターをこんなに近づけてくれた人が、後にも先にも出てくるかどうか。僕らはみんなレイソルの監督というだけでなく、「人間・石崎信弘」に惚れ込んでしまった。
選手もサポーターもみんな、石さんに恋をした。

2007年のサポーターズカンファレンスの帰り道、他の人と話している石さんを偶然見て、「がんばってください!」と声をかけたら、振り向いて笑顔で応えてくれた。あの思い出は今でも僕の宝物だ。

でも、クラブは上を目指さなければならない。試合には勝たなければならない。

今年はなかなか生観戦がかなわなかったが、今日は柏に越してきたこともあり、生で見た。
そこで思ったのは、「限界」と表現すればいいのだろうか。このスタイルのまま、これ以上を目指すのは難しいと感じた。

上を目指さなければならないというクラブの方向性の中で、石さんとの間にズレが生じ、その結果、石さんでこれ以上を目指すのは難しいと感じたと推測する。

たとえサポーターの糾弾を受けたとしても、クラブの至上命題は「強くなること」であり、そのためには鬼にも悪者にもならなければならないことも、フロントの人々は覚悟の上だと思う。
そうでなければ、これだけの人間的魅力のある人を切ることなどできっこない。

僕らが寂しいのは、石さんがレイソルにもたらしてくれた数えきれない喜びを、もう共有できないという寂しさと、僕らが惚れ込んだ人間・石崎信弘が手の届かないところに行ってしまう寂しさと、また選手とサポーターの距離が遠くなってしまうのではないかという危機感と、石さんが志向したプレッシングサッカーの躍動感がもう見れなくなるのではないかという危惧と…数え上げたらきりがない。

でも、それらすべての寂しさ・悲しみが、次のステップになると信じている。いや、信じようとしている。
フロントだって石さんを切るのは苦渋の決断だったに違いない。これだけ選手・サポーターに愛されている人なのだから。

しかし、先程も述べたとおり、クラブというのは強くならなければならない。クラブが強くなるために何をすべきかを考えるのがフロントの仕事だ。だから強くなるためには鬼にも悪者にもなる。

まだ最終節と天皇杯がある。そこで、これまでの三年間が結実して、最高の舞台でさよならが言えたらいいな。そしてそのあとは、新たなシーズンに向かって前を向いて進みたい。それが石さんへの最高のはなむけだと信じているから。

posted by SUN'S SON at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

高木琢也という選択

「石さんショック」から明けて一日、後任監督の名前に様々な人が上がっているが、その筆頭が東京Vコーチ・高木琢也氏だ。フランサを中心としたシステムにも興味をもっているという。これに違和感を持つ人は少なくないと思う。横浜FCをJ1に昇格させたものの、翌年は最下位で降格。そんな人材をなぜ連れてくるのか。石さんよりも能力が上なのかという疑問がわいてくるはずだ。

しかし、よくよく考えてみると、この人選は無茶苦茶なものではなく、単にフランサに興味を持っているからではないような気がする。

それは彼が、守備からチームを組み立てることにある。

「ハマナチオ」は記憶に新しい。それがJ1でなぜ機能しなかったかというと、はじめからJ1他チームとの戦力差が歴然としていたからで、レイソルに当てはめた場合、古賀・小林祐三・近藤・石川などのタレントが揃っている。彼らで「カシワナチオ」を構成すれば、非常に強固な守備陣が構成されるのではないだろうか。

守備からチームを作っていったのは、西野監督時代の完全封鎖トリオがある。失点の多さ・決定機の作られやすさはレイソルの課題の一つでもある。それを克服するためには「守備から入る」チーム作りが必要であるという判断があったのではないだろうか。

ひとつ気にかかるのは、彼が攻撃のオプションをどれだけ持ち合わせているかということだろう。フランサ中心といえども、彼が怪我や出場停止で出られない場合にどうするか。高木氏はJ1で戦うにあたり、「久保中心のチームを作る」と明言したが、案の定、故障がちな久保は稼働率が悪く、それが降格の一因となったことは論をまたない。攻撃の中心選手を欠いたとき、どのようにやっていくか、選択肢を多く持つことは絶対必要なことだ。
高木氏を監督に招聘するならば、むしろそこをよく考えてほしいものだ。
posted by SUN'S SON at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

石崎監督契約終了に思う

石さんの契約は当初2006〜2007年だった。それを契約延長したのが今年の分。だから解任などではなく、契約の終了には間違いない。この契約延長のリリースは2007年10月18日に出ている。

今回気になるのがリリース時期。ホーム最終節直前に出されたということ。

-----
石さんにはいくら感謝してもしきれない。レイソルを一年でJ1に戻してくれて、二年連続で残留させてくれた。中興の祖と言ってもいい。
-----

本題に戻ろう。
「フロントと強化方針が合わなかった」というのが主な理由と報じられているが、この「強化方針の違い」がいつから出ていたかということが気になる。

1.シーズン後半から両者の意見の隔たりが認識されており、契約終了が既定路線だった場合。この場合は後任監督の人選に充分な準備期間がある。

2.一部報道にあるように、残留決定で続投要請をしたが、強化方針の溝が埋まらず、契約を更新しないという道を選んだ場合。この場合、新監督の人選はこれからで、契約更改・補強・チーム編成に大幅な遅れが生じる。

1であれば、寂しいがクラブの強化方針が決定しており、それはそれでいいのだが、ホーム最終節の直前にリリースしたということは、もしかしたら2ではないかと危惧している。

これからの補強動向を注意深く見守る必要がありそうだ。

posted by SUN'S SON at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

残留決定の説明など

昨日で残留が決定。

なぜ残留が決定したのか書いているところが少ないので具体例などを。

まず、柏の勝ち点が43。この下に3チーム入ることが決定すれば残留決定となる。

札幌はすでに最下位での降格が決定している。
千葉の現在の勝ち点は35。あと二連勝しても、勝ち点は41でレイソルを上回れない。これで下に2チーム。
残りの一つだが、順位表から見ると東京Vを見てしまいがちだが、ここは磐田と大宮に注目する。

この両チームが最終節で直接対決をするところがミソなのだ。

まず磐田の場合、勝ち点が37。残り2節を連勝すると勝ち点が43となりレイソルに並ぶ。
しかしこの条件を満たすには、最終節の直接対決で大宮に勝つことが条件となる。その場合大宮はどうなるか。
大宮の勝ち点は39。磐田が最終節に大宮に勝つとなると、大宮は最大でも残り2試合のうち1勝しかできないから、勝ち点を42までしか伸ばせない。この時点でレイソルの勝ち点43に届かない。

同じことの繰り返しになりそうだが大宮を見てみよう。
大宮の現在の勝ち点は39。残り2試合を連勝すれば、勝ち点は45まで伸びる。
しかし最終節は磐田との直接対決だから、大宮が磐田に勝つということは磐田の負けを意味するから、磐田の勝ち点は最大で40までしか伸びない。

つまり、レイソルの下には、札幌・千葉・磐田or大宮が来ることが、昨日の試合結果で決定した。レイソルの下に3チームが入ることが決定したということは、レイソルは最悪でも15位を確保することになり、残留が決定したというわけだ。

まあ上を見ればきりがないが、今年の最大のミッションは残留であると僕は最初から思っていた。それは何と言っても「2年目のジンクス」を打ち破れるかどうかが最大の課題であると思っていたからだ。
残り2節を残して残留決定は、結果としてはまあまあと言っていいと思っている。
posted by SUN'S SON at 20:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

遠い地から

磐田戦をスカパー観戦できなくなった。週末に実家に帰るためだ。

目の前の日立台を見れば力は湧くが、一人暮らしで鬱で会社を休んでおり、人との接触が少ない自分は「寂しさ」には勝てない。
以前よりも涙もろくなった。
佐倉から実家に戻る手もあったが、諸々の理由で柏にしたのは、自分で決めたこと。寂しさも承知の上だが、いざ経験してみると、打ち勝つのは難しい。
今回は、自分の心の健康を取った。

遠い地からレイソルの勝利を祈っている。
posted by SUN'S SON at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

天皇杯観戦用アイテム・黄色くて暖かいもの

夜中に買いものサイトを歩いていたら、こんなものを見つけた。
レイソルも天皇杯ベスト8に入ったことだし、リーグ戦も残っている。黄色くて暖かいので、寒いところの観戦にいいかもしれない。

【M】
高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー M

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー…

販売価格¥8,400

「見た目よし、だけど寒い…」でも「見た目バツだけど、暖かい…」のどちらも、大人のアウターとしては失格。暖かくて…

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー M高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー Mをカートに入れる

【L】
高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー L

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー…

販売価格¥8,400

「見た目よし、だけど寒い…」でも「見た目バツだけど、暖かい…」のどちらも、大人のアウターとしては失格。暖かくて…

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー L高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー Lをカートに入れる

【XL】
高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー XL

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー…

販売価格¥8,400

「見た目よし、だけど寒い…」でも「見た目バツだけど、暖かい…」のどちらも、大人のアウターとしては失格。暖かくて…

高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー XL高密度タスラン マウンテンパーカー イエロー XLをカートに入れる
posted by SUN'S SON at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

朝の日立台

せっかく日立台の目の前に越してきたのだから、朝日のあたる日立台などを。
P1000418.JPGP1000419.JPGP1000420.JPG
posted by SUN'S SON at 07:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

新ブログ

レイソル・サッカー以外のことを書く場がなかったので、主にニュースや社会問題について考えるブログを作りました。

M.K.の日記(柏記録紙別館)

右サイドバーのリンク集からも行けます。こちらもよろしく。
posted by SUN'S SON at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

Come Back Again

「柏記録紙」のタイトルの下を見ていただきたい。
…つまり、佐倉からまた柏に越してきた。

佐倉に行ったのは友人に勧められてのことだったが、ひとえに自分が未熟だった。
学ぶこともあったが、辛く悲しい8ヶ月間だった。

今度越してきたのは、窓の向こうが日立台。いやでも力が湧く。
僕はここから一から出直す。人生の軌道修正をする。日立台の力を借りて。

佐倉に行くときは、開幕戦が最後の柏市民での観戦と思っていた。しかし、ホーム最終戦に間に合った。
(1年間に2度の引越しで100万近い金を使ってしまい、毎年恒例の地域リーグ決勝大会観戦に行けないという裏事情もある)

現在の勝ち点42は、現実的にはほぼ残留確定と言っていいが、数字の上ではまだ降格の可能性が残っている。僕は決定しないと安心できないたちなので、まだ不安半分だ。
とはいえレイソルが日立台にいる限り、所属リーグに関係なく僕は観に行くわけだが。

そんなわけで、今後ともどうぞよろしく。

posted by SUN'S SON at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

休載のお知らせ

このところ、鬱状態からくる身体的異常と、感情の起伏がなくなることによるブログ執筆のモチベーションが低下しております。

まことに勝手ながら、しばらく休載させていただきます。申し訳ありません。
posted by SUN'S SON at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

しばしのわかれとようこそここへ

鈴木達ちゃんが瓦斯へ。
瓦斯から栗澤選手が来る。

ボランチの欲しいレイソルとサイドアタッカーの欲しい瓦斯の思惑がぴったり合った移籍かな…とはいえ栗澤選手はボランチというよりも攻撃的MFと言われているが…

裏を返せば巌はもう少し時間がかかりそうですな。

プロである以上、移籍は常について回る。
ましてや請われて行くのだから、達ちゃんにとってはいい環境で経験が積めると思う。
今回の移籍は寂しいけれど、達ちゃんの将来を考えたら渡りに船だと思う。
レイソルにとっても重要な戦力だから、一回りも二周りも大きくなって帰ってくることを祈る。

栗澤選手、ようこそ柏へ。松戸出身だから地元だね。
攻撃的ポジションということだから、攻めのボランチ/守り専任ボランチという布陣でいくつもりなのかな。背番号は空いている16でしょう、たぶん。
posted by SUN'S SON at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

こんな時間にジェフ戦のことなど

なぜかこんな時間まで眠れない。
ならば更新するしかあるまい。


一言で言うと、今日の出来なら引き分けはよしとしなければならない。

縦に小気味よくつなぐジェフ、無駄な横パスが多いレイソル。
おまけに谷澤がキレキレで、きつい恩返しを食らいそうになったことも何度か。

ピッチコンディションもあるのだろうが、ミスパスが多い。
しかし、ボール奪取から攻撃へのつなぎにいいところも多く、それは素直に褒めたい。


まあ足踏みはシーズン中あるものだから、しゃーない。巌待ちともいえるのだが…。
posted by SUN'S SON at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

負けたか

柏サポ的には「チュンソンをはじめから出しとけばよかったんだ」となるな、どうしても。


前線でポツンと孤立するも何もしない森本。
前から圧力をかけて追いかけ回すチュンソン。

どちらがチームのために働いてるかは明らかなのだが。
posted by SUN'S SON at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

澤といえば

かねてより噂になっていた澤昌克が柏入り。


----------

先生「『澤が柏入りか』で澤穂希が来ると勘違いした人、正直に名乗り出なさい」

僕「…はーい…」

----------


そんなギャグはおいといて、FWで8番とくれば、ストイチコフ以来。
期待してますよ。
posted by SUN'S SON at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

よくぞ「陸上競技場」で

僕のアウェー名古屋戦の思い出の良し悪しは、試合会場に大きく左右される。


一番いい思い出は、瑞穂陸上競技場。ここでは生観戦で負けたことがない。ミューレルとカレッカのアベックゴールが観れた。特にカレッカのゴールは飛び込んでくるGKをリフティングでかわし、それをあざ笑うかのように宙に浮かんだボールを無人のゴールに頭でポンと入れるという痛快なゴールだった。僕はそれを目の前で見ていた。
そしてもう一つの生観戦勝利は、ベンゲルの最後の試合、片野坂のクロスがそのままゴールに吸い込まれ、Vゴールとなった。
もう一つはエジウソンのロスタイムのゴールで引き分けの試合。これは±0か。

それ以外の思い出はよくない。

豊田スタジアムの生観戦は二回行って二回とも負けた。
去年は瑞穂「球技場」の方で降りしきる雨の中、古賀の退場と完璧なフランサ封じを見せられた。

試合会場別に数値化してトータルで考えると、

瑞穂陸上競技場 +2
瑞穂球技場   −1
豊田スタジアム −2

差し引き−1。うーんよくない。

しかし今度は瑞穂「陸上競技場」。+2なのである。いい思い出の地なのだ。生観戦で勝利を二度も見届けた場所だ。もっとも、今回はスカパー観戦だが。

それに、去年も「再開後」のレイソルはは破竹の強さだった。
恐れるものは何もない。いざ、スカパーの画面の前で戦闘態勢に入るのみである。

posted by SUN'S SON at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

きのううれしかったこと

試合終了の笛が鳴ると、次郎は両膝をついたまま、しばらく動けなかった。
よほど疲れたんだなぁと思った。

きのう日立台で見た次郎は、これまでのポジショニングのよさに加えて、可能な限り1タッチで出すことを心がけていたように見えた。リズムを大切にすることを課題に試合に取り組んでいると思った。終了直後のあの疲れた姿を見て逆に、前を向いて限界に挑み、日々進化している姿が感じられて嬉しかった。


3ゴールとも嬉しいが、特に嬉しかったのは石川のゴールだった。
前回のエントリーで石川のガッツに期待していることを書いたが、そのガッツがゴールという形になって結実を見たのが非常に嬉しい。
2006年最終節の昇格のかかった大一番で、非常に難度の高いバックヘッドを決めたのが印象に残っている。重圧を強い心ではねのける石川直樹にこれからも要注目である。


そしてポポ。2アシストも嬉しいが、これまでよりも激しくプレッシャーをかけに行く姿が、戦術の浸透と、彼自身のコンディションが非常にいい状態にあることを見て取れて嬉しかった。
中断明けにはフランサも戻ってくるだろう。そのとき彼の楽しみにしている、そして我々も楽しみにしているフランサとのコンビがどう炸裂するのか、期待が膨らむ。

11試合で勝ち点17、1試合平均で1.545。計算上はこのペースでいくと今シーズンの勝ち点は52だが、目標の55をクリアできることは信じて疑わない。昨日の試合を見て、これからの加速がいっそう楽しみになった。
posted by SUN'S SON at 18:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

レイソル微分積分

3試合ぶりの観戦、しかもスカパー。
つまりここ二試合の連敗中だったレイソルを知らないわけだが、先入観なく観れるのも悪くないか。

そこで思ったこと。
「いい時間帯もあった。でも、悪い時間帯もあったよね」

…失礼しました。それだけでは世代限定ギャグで終わってしまうので、もう少し。


全体として悪いようには思わなかった。強く感じたのは、波の大きさ。
数学的な用語で言い換えれば(僕は文系だが)、いい時間帯=極大値、悪い時間帯=極小値の差が大きすぎる。そして極小値が0を突き抜けて大きくマイナスに落ち込んでしまうのが問題のように思う。

よく、「悪いなりにも勝てるのが強いチーム」といわれるが、これは「極大値」が落ちても、「極小値」が落ち込まないため、平均としてプラスの力が出せるからだと解釈している。

今レイソルに必要なのは、この「極小値」を落ち込みを防ぎ、底上げすること。極大値を引き上げるのはチュンソンやフランサがいない今でもある程度何とかできている。
極小値を底上げする選手は何といっても巌。俊太やクラは「極大値引き上げ型」、大谷もどちらかというとそちらに近いような気がする。

巌が復帰するまでは、「極小値底上げ」の方の任務は重くなるわけだが、僕は次郎と石川に期待している。次郎のクレバーなポジショニング、石川の反対サイドで見ていてもわかるくらいのガッツ、これが今のレイソルの底上げ、試合の行方を左右する鍵と言っても過言ではないと思う。
posted by SUN'S SON at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。