2008年05月02日

すぐできる審判改革

最近審判について周囲が「うるさい!」
…失礼しました。


西村氏の「死ね」発言も然り、先日の川崎戦では祐三に加えてチュンソンにも赤紙、しかも出した主審は僕が個人的に応援している村上伸次さん…切ないのである。

しかしまあこれほど審判問題が繰り返し何度も叫ばれているのに、Jリーグも協会も一向に腰を上げようとしない。
このままだと、そのうちストライキに発展するのではあるまいか、マジで。

明日のジェフ戦にしても、主審が誰であるかが気になってしまうというのは、あまり健康的な状況とは言えない。


審判問題の根源的なところは、その不透明さにある。
ジャッジの基準にしても、問題が起こったときにどう対処しているかも、全部密室で決められて、わからない。

じゃあ、透明さを出すにはどうすればいいか。審議手続きの公開?あるいはラグビーみたいに審判にマイクを持たせるか?
どっちも一朝一夕にはできないだろう。

まず、審議の内容をオープンにするなら、とっくにやってる。それができないのは、体質としか言いようがなく、それはすぐには変えられない。第一、諸規約の改正が必要になる。
審判にマイクをつけさせるのは、一つに設備投資の問題、もう一つには選手側の言葉も汚すぎてとても公開できないという事情もあるらしく、これも難しい。

ではどうすればいいか?
もっとも簡単な方法がある。

試合後に、審判が記者会見すること。そこで試合の総括をすればいい。

これによって、その審判がどういう基準でジャッジをしているかがわかる。また審判自身も、自ら試合の総括をすることから、一つ一つのジャッジにより責任を感じて笛を吹くだろう。

審判とは、いわば「一番近くで見ている専門家」である。その話を毎試合聞くというのは、専門家の視点ではどう判断されるのかを知るいい機会になる。
また審判にとっても、批判されるだけでなく自ら口を開いて話せる機会ができるのはいいことだと思う。

やろうと思えば明日からでもできる。記者会見が無理ならインタビューでもやっていただけないだろうか>スカパーさん

posted by SUN'S SON at 23:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

友よ

友よ

寒くないか
寂しくないか


今日僕たちは勝てなかった
それは悲しいことだけど
また前を向くから気にするな


時計を止めて待っている
日立台に集う友の そう 君のために時計を止めておく

君がまた日立台に帰ってきたら また時計を動かそう


もし帰れなかったときは


覚えていてほしい
今でも君の身を案じている人がいることを

それが君の未来の礎になるから



posted by SUN'S SON at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

今できること

公判請求や確定するまでは軽々しいことを言うべきではない。

それでも動揺は広がっている。


今できる最大限のことは、

勝つこと。
勝たせること。


スタジアムで後押しする。
画面の前で念を送る。
それも不可能ならば、魂だけでも等々力に。

僕は今日三番目を選択せざるを得ないのは残念だが、気持ちはずっと送り続ける。

みんなもできる範囲で最大限のことを。

それが今もっとも大切なこと。
posted by SUN'S SON at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

続・地域リーグ決勝大会出場チーム算出シミュレーション

前回とは違うケースで考えてみる。

前提条件は前回と同様以下のとおり。

/////前提条件/////
北海道1位:ノルブリッツ北海道  北海道2位:ベアフット北海道
東北1位:グルージャ盛岡     東北2位:NECトーキン
関東1位:町田ゼルビア      関東2位:海上自衛隊厚木マーカス
北信越1位:ツエーゲン金沢    北信越2位:松本山雅FC
東海1位:静岡FC         東海2位:藤枝市役所
関西1位:アイン食品       関西2位:バンディオンセ加古川
中国1位:レノファ山口      中国2位:佐川急便中国
四国1位:南国高知        四国2位:カマタマーレ讃岐
九州1位:V・ファーレン長崎   九州2位:新日鐵大分

<優勝枠>9チーム
ノルブリッツ北海道・グルージャ盛岡・町田ゼルビア・ツエーゲン金沢・静岡FC・アイン食品・レノファ山口・南国高知・Vファーレン長崎
<前回決勝ラウンド地域枠>今年は3チーム(関西・中国・九州)※最大4で毎年変動する
バンディオンセ加古川・佐川急便中国・新日鐵大分

この12チームは動かず。
16−12=残りの4チームに変動の可能性がある。

●学連推薦・飛び級は無しと仮定

/////前提条件終わり/////
※ 私が全社枠の規定の「盲点」と思い違いをしていた部分は、前回エントリーの修正部分を参照してください。

<全社枠による変動>
まず前回の復習をしよう。
優勝:矢崎バレンテ  2位:カマタマーレ讃岐  3位:ルミノッソ狭山
としたとき、矢崎とカマタマーレに出場権が与えられて全社枠は2となり、残り2枠が関東2位の海自厚木マーカス、東海2位の藤枝市役所の順に決まった。

それでは、この全社上位が次のようだったらどうなるか。
【ケース1】
優勝:新日鐵大分 2位:三洋電機洲本 3位:NECトーキン

この場合、新日鐵大分は九州2位。前回決勝ラウンド地域枠から出場が決まっているので、全社優勝枠は2位の三洋電機洲本に移る。三洋電機洲本は関西リーグで2位以内にも入っていないので、全社枠での出場が決定、これが規約に書かれている「2位チーム出場権」となる。
これで出場権は13。残り3チーム。

まず最初に考慮すべき点は、もうひとつ全社枠があるかどうか。優勝の新日鐵大分は地域リーグ枠から、2位の三洋電機洲本は「2位出場権」として地域決勝に出場する権利をすでに持っている。
ここで規定(5)を見ると、「(2位チームが各地域リーグから出場権を得ている場合):3位チーム」と明記おり、よって3位のNECトーキンが地域決勝の出場権を得ることとなる。
これで残りの枠は2。

あとは、前回のエントリーと同じく関東>東海>北海道>北信越>四国>東北の順に2位チームに出場権を与えるという方式になる。
今回は前回エントリーと同じく残りが2枠なので、

関東2位の海上自衛隊厚木マーカス
東海2位の藤枝市役所

の2チームが出場権を得る。

地域2位の枠は前回エントリーと結果的に同じとなっているが、全社枠からのエントリーの違いに注目していただきたい。

【ケース2】
次は全社順位が下記のとおりとなったケースで考える。
優勝:バンディオンセ加古川  2位:南国高知  3位:ヴォルカ鹿児島

この場合、バンディオンセと南国高知はすでに地域リーグから出場が決まっていので、前述の規定により3位のヴォルカ鹿児島が地域決勝出場権を獲得する。
問題はこの後。

地域決勝の規定では全社の順位で出場権の対象とされるのは3位まで。それ以外についての言及はされていない。つまり3位決定戦での敗退チーム以下については考慮されていない→対象外ということになる。
したがって全社枠は1で終わり。すると12+1=13で残りの枠は3。

今度は、この3枠を関東>東海>北海道>北信越>四国>東北の2位チームに割り当てる。すると、

関東2位の海上自衛隊厚木マーカス
東海2位の藤枝市役所
北海道2位のベアフット北海道

が地域決勝に出場できることとなる。

【ケース3】
今度は全社が次の順位となった場合で見てみる。
優勝:レノファ山口  2位:佐川急便中国  3位:V・ファーレン長崎

上記3チームは、いずれも地域リーグから地域決勝の出場を決めている。
ケース2にも書いたとおり、全社枠の対象になるのは3位のチームまでで、3位決定戦敗退以下の言及はなく、対象外である。
3位までがすべて地域リーグ枠で埋まっているということは、「全社枠で考慮するチームがない」ということとなる。

つまり全社枠はゼロ。対象チーム無し、ということで全社枠は終了。

こうなると、残りの16−12=残り4枠が、まるまる関東>東海>北海道>北信越>四国>東北の2位チームに割り振られる。
割り当てをしてみると、

関東2位の海上自衛隊厚木マーカス
東海2位の藤枝市役所
北海道2位のベアフット北海道
北信越2位の松本山雅FC

が地域決勝進出となる。


以上が全社による変動の例である。

「決勝ラウンド枠地域以外の2位チームは、全社が終わるまで地域決勝に出られるか否かがわからない」

というのが重要な点かな。


しかし、学連推薦・飛び級がこれまでもかなりレアケースだったということを踏まえると、事実上関東に1.7、東海にも1.5枠くらいあるような気がするのが正直な感想ではある。
posted by SUN'S SON at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域決勝出場チーム算出シミュレーション【修正版】


※一部修正しています。

地域決勝のレギュレーションが出たことをリンク先の吉田鋳造さんから教えてもらって、吉田鋳造総合研究所に行ったら、解説がされていた。

それをもとに僕なりにケーススタディを。とても全てを網羅することはできないが、ありがちなケースをシミュレーションしてみたい。
地域決勝出場チームの予想に役立てていただければ幸いだ。

※辞退はなしと仮定。

前提条件として、今年の順位が仮に次のようだったとする。

北海道1位:ノルブリッツ北海道  北海道2位:ベアフット北海道
東北1位:グルージャ盛岡     東北2位:NECトーキン
関東1位:町田ゼルビア      関東2位:海上自衛隊厚木マーカス
北信越1位:ツエーゲン金沢    北信越2位:松本山雅FC
東海1位:静岡FC         東海2位:藤枝市役所
関西1位:アイン食品       関西2位:バンディオンセ加古川
中国1位:レノファ山口      中国2位:佐川急便中国
四国1位:南国高知        四国2位:カマタマーレ讃岐
九州1位:V・ファーレン長崎   九州2位:新日鐵大分

地域リーグ上位枠の出場チームは以下の通り。

<優勝枠>9チーム
ノルブリッツ北海道・グルージャ盛岡・町田ゼルビア・ツエーゲン金沢・静岡FC・アイン食品・レノファ山口・南国高知・Vファーレン長崎
<前回決勝ラウンド枠>今年は3チーム(関西・中国・九州)※最大4で毎年変動する
バンディオンセ加古川・佐川急便中国・新日鐵大分

この12チームは不動。
問題は16−12=残りの4チーム。

学連推薦・飛び級は、今までもかなりのレアケースなので、ないことを基本に考える。

全社(全国社会人サッカー選手権)の結果が以下のとおりとする。
優勝:矢崎バレンテ  2位:カマタマーレ讃岐  3位:ルミノッソ狭山

矢崎は文句なしに地域決勝出場権確保。これで残り3。

概要の「参加チーム数およびその数」の(5)−1.で、全社優勝枠までで16チームに満たなかった場合の対象チームに、「各地域リーグから出場権を得ていない2位チーム」とある。この「2位」とはこの項から言って全社の2位のこと。地域リーグの2位と混ぜると文脈がわからなくなるので他に考えられない。
全社の2位はカマタマーレ讃岐。四国は2位の出場権を持っていないので、カマタマーレが第2の全社枠で出ることになる。つまり全社枠は最大2。

【修正部分はじめ】
----------
「最大2」と書いたのは、枠が0〜1になる可能性も十分ありうるから。
具体的には「全社3位以内に、すでに地域リーグからの出場権を得ているチームが2チーム以上含まれる場合」。
極端な場合、全社1〜3位までがすべて地域リーグからの出場権を持っている場合は、枠は0となる。
----------
【修正部分終わり】

話を元に戻すと、残りの枠は2。これをどうするか。
これが概要の「参加チーム数およびその数」の(5)−2.」に書いてある。平たく言うと、前回決勝ラウンド枠の地域を除いた地域で、各地域の全社連登録数の多い地域から順にリーグ2位に割り当てていくということになる。
その順番も決まっていて、今年は
関東>東海>北海道>北信越>四国>東北
の順番。

とすると、残り2つを当てはめると、

関東2位の海上自衛隊厚木マーカス
東海2位の藤枝市役所

が残り2枠で地域決勝出場。

こうなると、学連推薦と飛び級がなければ、事実上関東と東海は2枠ということか。

ここでは前提条件として辞退はなしとしたが、前述の吉田鋳造総合研究所によると今年からは辞退OKとのことなので、なおさらややこしい。

posted by SUN'S SON at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

信頼と依存

3点目を取った後に、「勝ったな」と思った。
点差以外の面で、「今日はもらった」と確信した。

大谷のゴールのあとのキックオフの直前、ヴェルディの土屋とディエゴが何か言い争っていた。ディエゴの声はスタンドまで聞こえ、「ダメだこりゃ」とばかりに両手を広げていた。
GK土肥も、ゴールキックのときに、指示の中に感情的な声が混じり怒鳴っていた。
(上記3人が皆レイソルOBだということとは無関係だと思いたい)

選手間の信頼関係がないヴェルディに、意思統一の明確な今日のレイソルから3点取る力はないと思った。


今日のレイソルは素晴らしかった。中でもアレックス。攻撃のアクセントにも起点にもなりアシスト・ゴールと、今日のMVPと言っていい。
ちなみに、「なんで今まで使わなかったの?」とよく言われるが、復帰直後にまた軽い怪我をしたと聞いている。


今日の結果を見て、「茂原じゃなかったから勝った」と言う人も多いかと思う。けれど僕はそれには異を唱える。

シゲの技術の高さは語るまでもない。開幕戦で非常に驚いた記憶がある。代表候補に選ばれたことからもそれは裏付けられる。
ではなぜ「茂原だと…」と言われてしまうのか?
それは上に書いた「信頼」という言葉に関係する。

(シゲの名誉のために前置きするが、彼が信頼されていないということではない)

レイソルはみんな仲がいいとよく言われる。仲がいいのは信頼関係が強固になることにつながる。
だから意思統一がしやすいという利点がある。

そして、今日のように「プレスをかける原点に」という明確な意思統一を持ったときには、その方針の上で仲間を信頼し、能動的に動ける。
しかし、対戦相手との関係などで、その意思統一に則ってサッカーができないとき、仲間を「信頼」するのではなく「頼って・依存して」しまい、仲間がボールを出してくれるのを待つというような受動的な動きになる。

受動的な動きではやはり勝てない。

たまたま茂原が左サイドで出た時期と、「受動的な時期」が重なったために、実のスピードと比べて「相手に寄せられてしまう」と見えたと思っている。

もとよりシゲは実のようなスピードを求められているのではなく、ボールを落ちつかせて攻撃のリズムをコントロールすることを期待されていると思う。本来トップ下で使うのが理想的だが、それでは中盤がダイヤモンド型になり、太田の位置が下がって彼のスピードが活きないということで左で使っているのだと思う。また、そうすることによって右はスピード・左はボールを散らして攻撃に厚みを持たせるという違った役割を両サイドに持たせることができる。

今日のような明確かつ相手によってブレない強い意思統一の上に臨めば、メンバーが変わっても変わらぬクオリティのサッカーができるはずだ。
信頼関係の強固なレイソルならば、それは難しいことではない。


とにかく、今日の大勝でチームのやり方もブレがなくなってくると思う。今後どのような布陣を組むか…それは石さんの頭の中にのみあるのだろう。

posted by SUN'S SON at 00:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

特にないです

某代表選手を思い出した人、申し訳ありません(笑)。


昨日の試合は見てない。
見てない以上は語れない。

J.B.アンテナに登録されている皆さんのブログを読むくらいしか情報がありません。
とはいえスコアからもブログの内容からも、ふがいない試合だったことはなんとなくわかる。



さて、この期に及んでどうするか。われわれはどうすべきなのか。
僕が出した結論は…



平静でいよう。

つまりタイトルのとおり。



別に他の方々の考えを否定するわけじゃないんです。
まあでもこれが一番かな、と。


それはやっぱり、今のレイソルにはクラブに対する不信が一切ないからじゃないかな。

残留争いをしていた時期はもちろん、黄金期と言われた時期にも、クラブへの信頼と言う意味では今から比べるべくもない。




そりゃしんどいよ、2年目だもの。去年は脇目も振らず突き進めたけど、今年は相手だって最初から研究してるんだから、去年みたいに勝てないのは当然と言えば当然。
それでも選手達が自ら考えた勝ち点55の目標は信じて疑わない。


産みの苦しみという言葉がある。
去年は開幕ダッシュができたから、終盤にそれが来たのかもしれない。
今年は今まさに、それを味わっている。


ニカノール時代の96年、、野戦病院と監督自ら言う中で12連勝。
2000年、最終節で鹿島に引き分けステージ制覇を逃したときは、そこまで8連勝。
今年もこれからいいことが待っていると確信する。


勝ち点だけ見れば、今のチーム状態はよくないように見える。
でも、2006年から今まで、クラブ・サポーターがこれほど一体となっている時期というのはかつてない。



勝つ時期が前か後かの違いだけだ。



だから僕は、平静を保つ。サポーターが普段どおり平常心でいれば、選手もスタッフもフロントも、気負うことなく自身の仕事に打ち込める。
今はそうしてあげるのが一番と思っている。

もちろんスタジアムでは声の限り応援する。



今勝てない分、後に勝つ。そのときが来ることに一点の疑いもない。疑いようがない。



お楽しみは、これからだ。
posted by SUN'S SON at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

レイソルサポにこそ読んでほしい「股旅フットボール」

matatabi.jpg


かねてより紹介中の宇都宮徹壱氏の著「股旅フットボール」が発売ということで、書評らしきものを書いてみたい。
僕はこの本を、レイソルサポやその他Jクラブのサポにこそ読んでいただきたい。それには理由がある。


Jリーグは「百年構想」を打ち出している。そしてレイソルは、J1というトップリーグ、つまり百年構想の中心、ひいては日本サッカー界の中心にいる。
つまりは百年構想を実現する先陣を切っていると言っていい。
しかしその1にいるのはJ1・J2あわせて33。おそらく日本サッカー全体の1%にも満たないかもしれない。

つまり、Jリーグというのは日本サッカー界の本当に頂点の僅か。


先輩風を吹かせるわけじゃないけど、僕がレイソルと初めて出会ったのはJリーグ以前、JFLに所属しているときだった。そのせいもあって、今でもJリーグ以下の下部リーグの同行にも注目している。
あのJFL時代を経験した方ならわかると思うが、Jリーグとそれ以下のリーグではあらゆる面で天と地ほどの違いがある。知名度、メディアでの扱い、行政の強力、スポンサー…。2006年のJ2の比ではない。

そんな中、日本国内のあちこちで「わが町にJクラブを」というムーブメントが起こっている。その主役となっているのは全国9地域リーグ、J1から数えて4部のチーム。
そこに宇都宮氏が現場から斬り込んでいくわけである。


4部のクラブを待っているのは、厳しい現実。
ネタバレとなってしまうために多くは語らないが、全国への挑戦権を得る大会に「仕事」で来られないなどという、Jのサポーターから見たら信じられないことがあったりする。

しかし本書はそういった厳しさのみを書いているのではない。そうした厳しい環境の中にも選手・スタッフ・フロントと立場は違えど「サッカー人」である人たちがみんなでクラブを支えて、上を目指して突き進む姿があり、それは僕たちJのサポが忘れていたものを思い出させてくれるような、読んでいてそんな気にさせてくれる。


そして僕がよくここに書き込んでいる、全国に打って出ようとする4部チームの最大の関門、全国地域リーグ決勝大会。本書でも余すところなく書かれている。「人生を懸けた戦い」として。

この大会および4部のチームが全国に出て行くにあたっての問題点については、僕と宇都宮氏では多少意見の違いはあるのだが、4部から3部、つまり地域リーグからJFLという全国リーグに羽ばたくための関門が、日本のカテゴリーの中で最も厳しいことについては論を俟たない。

本書では去年および一昨年の大会について書かれている。池元についての記述があるので、そういう意味でも注目していただきたい。
また、古参サポの方には懐かしい、選手時代にはレイソルの昇格に大きな足跡を残した戸塚監督についてもページを割いている。



僕がこの書をレイソルサポ・Jサポにこそ読んでほしい理由は2つある。

ひとつは、「Jのみで日本サッカーを語ることなかれ」。
Jリーグは確かに日本サッカーの中心であり、日本サッカーはJリーグを中心に回っている。
しかし冒頭に書いたとおり、Jリーグはごくわずかの頂点であり、そこだけ見ていても日本サッカーのごくごく一部を垣間見るだけである。

宇都宮氏はこの本を著すに当たり、ひとつの仮説を立てた。それもネタバレとなってしまうために詳しくは触れないが、この書は日本サッカーの「今」の姿を色濃くあぶり出しており、その仮説は実に正しかったことが証明されている。


もうひとつの理由は、僕たちが持っている柏の色、一心同体や柏バカ一代と同じものを、全国の人々が持っていることを知ってほしいからだ。

日立台が醸し出す昭和の色、ゲーフラのセンス、そしてレイソルの選手には力を、敵には脅威を与える「一心同体」。これらは僕たち柏レイソルのサポーターが育ててきた「柏の文化」だ。とかく首都圏と一括りにされてしまうが、ここには厳然とした「柏の文化」があり、それは全国に向けて発信されている。

全国の4部クラブのサポーターも、そういう文化を持っている。そして全国のあちこちからそれを発している。
そこには今までの日本の姿である「中央から地方へ」ではなく、「地方からの発信」という新しい文化の形が産声をあげており、そのよりどころとしてクラブがある。
それはJであれ地域リーグであれ同じことだ。

つまり僕らが日立台から全国に「柏バカ一代」を発信するように、地域リーグのサポーターも自分たちの町を発信しているのだ。そしてそれを全国に広げるために、Jリーグという舞台を目指している。

自分たちの文化を全国に発信したいという点では、Jも4部も同じだ。それを知ってほしい。カテゴリーに関係なく、自分たちを全国に発信したいひとが全国各地にいることを。
「股旅フットボール」にはそれが余すところなく書いてある。


百年構想の話に戻そう。「スポーツで、もっと、幸せな国へ」「あなたの町にもJリーグがある」という百年構想のキャッチコピーは、「地方の時代・地方の充実・地方からの文化発信」という言葉にも言い換えることができると思う。Jリーグのクラブは、程度の差こそあれ、それが何らかの形で実現する途上にあると思う。

しかし今、もしくはこれからJを目指すクラブはどうか。前述の地域リーグ決勝大会の狭き門も手伝って、Jはおろか全国に出ることもままならないところは数多くある。そして、地域リーグでくすぶっているうちに経営が行き詰るクラブもまた枚挙に暇がない。

本書には「地域リーグから見たJリーグ『百年構想』の光と影」というサブタイトルついている。Jクラブを「光」とするならば、地域リーグは「影」の部分が大きいだろう。
表紙カバーの写真は、JFL昇格の夢を絶たれて泣いている地域リーグの選手だ。このような多くの涙の上にJリーグと「百年構想」があるのが現状の日本サッカー界である。


ぜひレイソルサポ・Jクラブのサポに読んでほしい。そして日本のサッカー界の今後に思いをはせていただきたく思う。


---------------------------------------------------------
股旅フットボール
地域リーグから見たJリーグ「百年構想」の光と影

宇都宮徹壱・著/東邦出版社
定価(本体1,429円+税)

【目次】

いざ「百年構想」の最前線へ――/「股旅フットボール」著者による前口上

vol.01 イーハトーヴにJクラブを/グルージャ盛岡
vol.02 夢、すなわち目標/V・ファーレン長崎
vol.03「夢見る時代」の終わりに/ファジアーノ岡山FC
vol.04 加賀百万石のリアル「サカつく」/ツエーゲン金沢
vol.05 瀬戸の海を越えて/カマタマーレ讃岐
vol.06 凛としたクラブを目指して/FC岐阜
vol.07「人生を懸けた」アマチュアの大会/第30回全国地域リーグ決勝大会
vol.08 群雄割拠の湖国を行く/FC Mi-O びわこ Kusatsu
vol.09 変わりゆく風景の中で/FC町田ゼルビア
vol.10 北の大地で種蒔く人々/ノルブリッツ北海道FC&とかちフェアスカイ ジェネシス
vol.11「全社」という名のバトル・ロワイヤル/第43回全国社会人サッカー選手権大会
vol.12「J」の付く場所を求めて/第31回全国地域リーグ決勝大会

「謀反の物語」/「股旅フットボール」あとがきに代えて
---------------------------------------------------------
posted by SUN'S SON at 15:01| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

次郎の転機

ゆうべ次郎眠れたかなあ・・・と心配になった。

二枚目のイエローは、流れをつかみつつあるレイソルにとってあまりにも痛かった。オフィシャルの実況では「相手に押されて手で触ってしまった」とあるが、中継を見れば明らかに故意。

なぜ、あの場面で手を伸ばす必要があったのか。

祐三のときは「気にしないで切り替え」と書いたが、今回の次郎には猛省を促したい。

後半の立ち上がりからのレイソルには安定感があった。テレビの画面からも点が取られる気がしなかった。
それだけに、あの退場は悔やまれる。


しかし猛省を促すのも、次郎が高いポテンシャルを持っているからこそ。

巌のいない中、本職のCBからボランチを任されてもしっかりゲームを作れる能力と効果的な攻撃参加。2006年にも見ているが、やっぱり次郎の能力は高い。

今回の退場と敗戦で、ある意味「怖さ」を知ったことと思う。しかしそれは、次郎のサッカー人生に結果的にはプラスに働くと思う。

優れたプレイヤーが一つ一つのプレーの意味を考えて動くようになったとき、それは更なる飛躍のステップになる。
一挙手一投足に責任を持てるプレイヤーに次郎はなれると思う。

だから鎌田次郎というプレイヤーにとって、今回の退場は現時点では大きなマイナスだが、彼のサッカー人生をトータルで見ればプラスになっていく大きな転機になると思う。

次々節にはさらにクレバーになった次郎を見ることができるだろう。

待ってるぞ。
posted by SUN'S SON at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

贈る言葉も投げつける言葉も不要

matatabi.jpg
(↑※注:前回の記事ではありません。推薦の書につきしばらく貼り続けます。また、発売前なので購入はまだできません)

日立台で新潟戦。新潟サポは楽しみにしているだろうし、レイソルサポも出て行った二人を「お迎え」することをある意味楽しみにしているだろう。

とはいっても出て行ったことについて恨みを投げつけるとか、そういう思いはない。


だって彼ら抜きで今のレイソルはこんなにいいチームになってるんだもの。



あのときの大量流出は、フロントやサポーターを含めたクラブ全体に責があったものと考えている。
彼らがレイソルにいた唯一の理由は「J1だから」。そりゃ降格したら出て行くのはある意味不可抗力でもあったと思う。



とはいえあの一番苦しい時期に出て行った彼らに一言言いたい人も多いだろう。

しかし今となってはそれすら不要であると言える。



彼らに取って一番のダメージは何か。それは「移籍したことを後悔させること」だ。

それは試合が終わったときにわかる。

勝ったときは日立台全体で歌い、拍手し、踊る。
引き分けや負けたときも、スタジアム全体を回る選手に、あちこちから温かい励ましの声が飛ぶ。

それを見たとき、彼らは2005年までのレイソルではないことを実感する。
レイソルとそれを囲む人々みんなが家族になっていることに気づく。
自分がその輪に加われないことを後悔する。


今回、新潟戦が日立台で開催されることになり、彼らの移籍したチームすべてと日立台で対戦することになる。
みんなが温かいのは柏の葉も同じだが、その体温がより届くのは言うまでもなく、日立台だ。


彼らを後悔させてやろう、僕らの力で。
posted by SUN'S SON at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

おすすめの本というか課題図書

matatabi.jpg
次に対戦するアルビレックス新潟は地域リーグからJ1に上りつめたクラブ、その中でももっとも成功しているクラブだ。

他にも大分や仙台など地域リーグからJ参入を果たし、J1にまで上がったクラブがある。

このような動きが、ここ数年でまた活発になりつつある。
最近ではFC岐阜やロアッソ熊本がJ2に参入し、その下のJFLや地域リーグにもJ参入に向けてしのぎを削っているクラブが数多くある。

僕がこのブログで下部リーグのこと、とりわけ地域リーグ決勝大会についてたびたび採り上げるのは、自分自身がそれらのリーグに興味をもっているせいもあるが、それらのクラブが台頭し、いずれレイソルのライバルとなることが現実に起きているからでもある。

現に冒頭にも書いたとおり日曜には新潟戦だし、県リーグからJ1にたどり着いた大分トリニータには実際に負けを喫している。2006年のJ2ではベガルタ仙台や愛媛FCがレイソルの前に立ちはだかった。

また、選手個人で見ても、県リーグからの叩き上げの藏川は今やレイソルに書かせない主力だし、レンタルで出ている池元も、地域リーグから這い上がってきた。


日本のサッカーはJリーグを中心に回っているのは間違いないが、そこを目指す下部リーグの存在というのは、今や無視できないのだ。
また、それらのリーグを知ることは、日本のサッカー界をより広く知るということでもあり、Jリーグのあり方やJクラブのあり方について考えを深めることになる。


このような中、宇都宮徹壱氏が「地域リーグから見たJリーグ『百年構想』の光と陰」として「股旅フットボール」を出版する。

上で僕が書いた「下部リーグを知ることは日本のサッカー界やJリーグ・Jクラブのあり方を知ること」の答えが書いてあると思う。出版をとても楽しみにしている。


僕は宇都宮氏とは2006年の地域リーグ決勝大会で友人から紹介されて以来、親交を深めさせてもらっている。
当時は彼ほどの著名な方が、J1からみれば4部にあたる地域リーグに注目していることに驚き、また嬉しく思ったものだ。

年齢は僕と近いのだが、僕など足元にも及ばない見識を持ち、大変包容力のある人である。


発売は今月中旬の予定。書店へ急げ!


最後に本書の概要を記します。

---------------------------------------------------------
股旅フットボール
地域リーグから見たJリーグ「百年構想」の光と影

宇都宮徹壱・著/東邦出版社
定価(本体1,429円+税)

【目次】

いざ「百年構想」の最前線へ――/「股旅フットボール」著者による前口上

vol.01 イーハトーヴにJクラブを/グルージャ盛岡
vol.02 夢、すなわち目標/V・ファーレン長崎
vol.03「夢見る時代」の終わりに/ファジアーノ岡山FC
vol.04 加賀百万石のリアル「サカつく」/ツエーゲン金沢
vol.05 瀬戸の海を越えて/カマタマーレ讃岐
vol.06 凛としたクラブを目指して/FC岐阜
vol.07「人生を懸けた」アマチュアの大会/第30回全国地域リーグ決勝大会
vol.08 群雄割拠の湖国を行く/FC Mi-O びわこ Kusatsu
vol.09 変わりゆく風景の中で/FC町田ゼルビア
vol.10 北の大地で種蒔く人々/ノルブリッツ北海道FC&とかちフェアスカイ ジェネシス
vol.11「全社」という名のバトル・ロワイヤル/第43回全国社会人サッカー選手権大会
vol.12「J」の付く場所を求めて/第31回全国地域リーグ決勝大会

「謀反の物語」/「股旅フットボール」あとがきに代えて
---------------------------------------------------------

posted by SUN'S SON at 22:11| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お好み焼きの心配?

サラリーマンの身では、なかなか西日本の平日アウェーには行けないものである
…と言うと、事情を知ってる人からは「お前が言うな」と突っ込まれそうである。

申し訳ありません。一週間休みとってドイツW杯に行ってたのは私です。
(でも二ヶ月前から根回ししたんだが)
ちなみに2010年も当然行く


…と、周囲からは思われている。


そんなわけでスカパー観戦。当たり前だが生観戦に比べてテレビだと情報量が減るものだ。

今日の勝因は、札幌戦の敗因と真逆かな。つまり相手のペースにはまらずに自分たちのペースを続けられたこと。スカパーでは「したたか」と表現されていたが、まさにそのとおり。

左サイドは実とシゲとどちらがいいのかというのは悩むところだが、今のところはシゲがベストチョイスだと思う。

前回も書いたけど、シゲは足元の技術があるから、タメを作れる。今の攻撃陣でタメが作れるのは彼しかいない。右は藏川−太田ラインでスピード勝負、左はシゲでボールを落ちつかせて、という攻撃の使い分けができる。

今日の布陣で「そう来るか」と思ったのは前線に達っちゃんを配置したこと。
これでポジションは違えど、実がいない分のスピードのオプションを削がずに住む。
この短い間に札幌戦の負けの分析が完璧にできているのに舌を巻いた。

それにしても、シゲはめちゃくちゃ巧いです。日曜の日立台で注目してみてください。

あと、個人的には、古賀が戻ってきたこともあり、DFラインが安定して祐三も大きなミスがなくてよかった。

次の新潟戦は9年ぶりに日立台。柏の葉ではいい思い出ないから、採算を度外視しても日立台にしたのは正解だと思う。

でも石さんレシピのお好み焼きが新潟サポの口に多く入ってしまいそうで、ちょっと悔しい気もする。

お好み焼きはアソシエイツ会員限定にしよう(笑)。
posted by SUN'S SON at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

祐三、切り替えー

サポーターへの挨拶を終えたあと、祐三はこの日のイベント、子どもたちとの記念写真を撮ったあと、ロッカールームに直行した。表情は終止険しかったというか、憔悴しているようにも見えた。
スタンドの子どもが、「小林祐三に無視されたー。声かけても振り向いてくれなかったー」
と親御さんに話していた。

祐三くんはね、今とってもつらいんだよ、と教えてあげたかった。


その理由が、今日の2失点の原因となってしまったからというのは想像に難くない。



怪我人が続出した末に選択した布陣は、攻撃的だった。

トップはチュンソンと大津。右に太田、左にシゲ。ボランチは俊太と大谷。
DFは右にクラ、左に石川。CBは次郎と祐三。


スピードが武器の太田にあわせ、クラの位置取りはこれまでどおり高い。
シゲは足元の技術の巧みさでタメを作れる分、石川はクラほど上がらないが、それでも比較的高い位置にいる。
ボランチは位置取りを見てると俊太が攻め方、大谷が守り方というのがはっきりわかる。
(大谷はフェースガードをしていた。鼻骨を折ったのだろうか)
次郎も攻撃参加がずいぶんあり、惜しいシュートもあった。

一目見れば祐三の守備の負担がすごく重くなっていることがわかる。



最初の失点は祐三のファールによるFK、2失点目は祐三のトラップミスからだった。
ガッツのある祐三のことだから、逆に人一倍責任を感じているに違いない。



今日の明るい話題としては、古賀がサブに入ったこと。
後半から投入すれば2失点目は防げたかもしれないが、怪我上がりで雨のピッチは危険だ。ましてや相手はその怪我をさせられた札幌だ。
それに「今日がラッキー星座だったらハットトリックだった」次郎のシュート力は捨てがたい。

交替での投入は3人とも攻撃の選手。ポポ・実・アレックス。これは試合状況から見てやむを得ない。
ロスタイムのセットプレーには雄太も上がってったんだから。



祐三、今日は眠れないかもなぁ…などと心配してしまう。
ヘコむな、なんて言わない。人間なんだからそりゃ無理だ。
ヘコみ切るところまでヘコんでいいと思う。


でもそのあとは、きれいさっぱり忘れて戻ってきてほしい。

「ミス?何だっけそれ?」

でいいじゃん。
直そうと思うことが見つかったとしたら、これから密かに直していけばいい。


チームメイトの近藤は五輪予選で致命的なクリアをして、敵にゴールを献上したのを全国放送で流された。

古賀は古巣の名古屋との対戦で、振り切られ手をかけたところを一発レッド、退場するときに名古屋サポからコールを浴びる屈辱を味わっている。

でもそれ以上の長い長い時間、ずっと体を張ってレイソルを守ってくれていることを、みんな知ってる。


ミスや屈辱を味わっても、俺たちの声でかき消してやるさ。
ずっと「こばやしゆーぞーアレアレー」って歌い続けるよ。


だから切り替え切り替え。気にすんな。


posted by SUN'S SON at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

日立台でドーピング

JFLは今は3部リーグだが、J2ができるまでは2部だった。
毎年の公式プログラムには表紙にキャッチコピーがあって、1997年は、
「興奮が足りません。ビタミンJFLを補給してください。」
だった。

----------

佐倉に来て二週間。始発駅からの通勤は楽だ。睡眠時間が1時間増えたのに等しい。

でも、「元気があるか?」と問われると、首を横に振らざるを得ない。


確かに引越し疲れもある。いまだに片付かないものもある。周辺の地理を覚えるのも大変だ。環境がまったく違うわけだから大変なのは当然だ。
でもそれは、日立台に引っ越したときも同じだったはずだ。むしろあのときは、当時まだ座れたTXに乗れなくなって通勤事情が悪化したと言ってもいいのだ。


原因を考えると、やっぱり「日立台を離れたから」という結論になってしまう。

ベランダからサッカー場の照明塔が見えたときの感激は忘れられないし、バスを降りて帰路につくときには、サブグランドでユースが練習しているのが見えた。試合も練習も歩いて観に行けた。住所を書くときはいつも一人で悦に入っていた。

佐倉に来たことを公開しているわけではない。しかし、離れてみてあらためて、「日立台」が自分にパワーを与えてくれたことに気づく。
しかし柏に住むのはお金がかかる(柏市は人気があるから住居費が高いのだ)。だから僕にとって、もう一度柏に住むことは目標であり今のモチベーションでもある。

とはいえ「日立台パワー」を失って、エネルギーが枯渇しているのもまた事実。
冒頭の言葉を借りれば、まさに「日立台パワーが足りません。ビタミンレイソルを補給してください。」の状態なのだ。

だから明日の札幌戦では、思いっきり日立台の空気を吸う。体の隅々まで日立台パワーとビタミンレイソルを行き渡らせる。


マラドーナの言葉を借りれば、こんな感じか。

「私がやったドーピングは日立台だけだ」
posted by SUN'S SON at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

柏を離れるにあたって

柏を離れる前に完勝の試合を観ることができてよかった。
内容については他の方々が書いているから、いまさら触れない。


次のホームからは佐倉市から行くことになる。歩きも入れると1時間半くらいだから、そんなに遠くはない。とはいえ佐倉はホームタウンエリア(活動エリア)外。千葉市にも隣接しているから、どちらかといえばジェフ寄りだ。

実はホームタウンエリアを本格的に離れるのは12年ぶりだ。2001年のシーズン終盤に三ヶ月ほど離れたが、それを除けばずっと柏か野田の活動エリアにいた。

その12年前というのはどこにいたかというと、岐阜。93年から転勤で赴任していた。
初めての地、慣れない仕事の中で、自分と地元をつなぐ唯一のものがレイソル。
大げさに言えば、心の支えだった。


あの時遠隔地にいなかったら、ここまでレイソルに入れ込むこともなかったような気がする。


任期が終わって地元に戻り、毎試合ホームゲームを見に行ける喜びを感じた。
節目の試合の多くはスタンドで見ていた。
ナビスコ優勝、鹿島に引き分け逃したステージ制覇、残留を決めた2002年の最終節。

そして入れ替え戦で降格したあの日。


1人暮らしを始めるなら柏、と物件を探していたとき「日立台」の地名で決めてしまったのはレイソルがJ2にいるときだった。


岐阜にいたときのように、ホームタウンの外にいれば、また違った形のレイソルを見ることになるかもしれない。
しかしホームゲームのときは柏に戻ってくる。
そこが岐阜のときとは違う。

日常をホームタウン外で暮らし、試合のときは日立台に戻ってくる。そこで新しいものが見えるかもしれない。

それもまた楽しみではある。
posted by SUN'S SON at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

開幕戦が最終戦

この週末で、引越しにかかわる準備のかなりの行程を終えた。
諸費用と仲介手数料の支払い、駐車場の契約、ネットと電話の移転手続き、引越しの見積もりと依頼…。

部屋の掃除も完結するつもりだったが、最近慢性化している胃の痛みが酷く、動けなかった時間が結構あって半分もできなかった。
現況確認が9日の午前中に来るので、かなりの痛手だ。

車に関する手続きも済ませた。せめて柏ナンバーにしておきたい。

引越しの日取りは15日にした。当初は20日を考えていたが、ナビスコカップと重なってしまう。

仕事のことを考えると佐倉市への転入届は21日だろうと思うが、日立台住民として日立台でレイソルを見るのは9日が最後になる。開幕戦は僕にとっては日立台住民としての最終戦というわけだ。

でも、日立台に来ればいつでも僕の席は用意されている。
posted by SUN'S SON at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

YAZAWAな気分

実は柏を離れることになった。
理由はいくつかあるが、大きいのは健康上の理由と経済的な理由。

引越しに合わせて車も処分した。
とは言ってもクルマがないと生活できないから、今までの新しい車を売却して中古車に乗り換え、維持費を軽減した。
(とはいえ、かつて新車で買うことも検討した車だから、わびしさはない)

引っ越す条件は、通勤のほとんどを座って行ける始発駅であること(平衡機能に軽い障害があるので、通勤で立つのは極力短時間にしたい)と、家賃が安いこと。

この条件にあったのが、佐倉市。勝田台の近くだ。
柏からは車で40分くらい離れている。

地図をみると、だいぶ千葉市に近くなる。
柏から千葉に移籍した谷澤のようである。

しかし利点もある。

まず、居住地が日立台とフクアリの中間あたりということは、行きやすさという点では両方とも同じくらいになる。
日立台は年間シートを買っているので、当然行く。フクアリも1時間もあれば行ける。

ということは、その気になれば毎週J1を見れるということになる。
(同一県のチームは、原則として同じ節にホームゲームを開催しないから)


本ブログもタイトルを変えなければならないが、たぶん内容はほとんど変わらないだろう。


またあらためて告知します。これからもよろしく。
posted by SUN'S SON at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

地図を見てみよう

ふと思いついて、国土地理院に電話して確認した。

私「日本の国土もしくは日本政府が領有を主張している地域で、ユーラシア大陸(アジア大陸)と陸続きの場所ってないですよね?」
担当係官「はい、ありません。」


日本は海洋国家なのである。大陸と接しているところはないのである。
ということは…

「俺たちアジアじゃないもんね。東アジアじゃなくて西太平洋だもんね」

って言っても、少なくとも地図の上では誰も反論できないのである。


『こいつ何が言いたいんだ?』…その答えは。


OFC(オセアニアサッカー連盟)に移籍しよう。
そうすれば東アジア選手権なんて出なくてすむぞ。
大陸とつながってないんだから、アジアじゃなくて西太平洋だと主張しよう。

オーストラリアがアジアに入れたんだから、できないことはないって。
W杯はアジアか南米の5位に勝つことだけに集中して強化。

いやむしろオーストラリアを説得してオセアニアに戻ってもらえば、1枠は間違いなくもらえる。運がよければ1.5枠もらえるかもしれない。
もともとオーストラリアがアジアに来た大きな理由のひとつが、W杯でオセアニアの単独枠がないことなんだから、単独枠があれば中東に遠征してまでアジアにこだわる理由なんてないはずだって。

そうすれば、事実上オーストラリアに勝てばW杯出場決定、1.5枠もらえれば負けてもプレーオフがある。

東アジア選手権でいわれのないブーイングや暴力を食らうこともなければ、何時間も時差がある中東まで飛行機乗り継いで行く必要もなくなる。

コンフェデ杯だって出やすいぞ。いいことではないか。

クラブW杯だってAリーグが強くなるまではフリーパスだ。


「でも昔は韓国を併合してたじゃん」という向きもあるが、サンフランシスコ講和条約を見なさい。独立も承認してるし、すべての権益を放棄している。
それに、その論理が通ると、インドを植民地にしていたイングランドはアジア、スペインやポルトガルは南米、フランスはアフリカになってしまう。



「でもアジアカップ出たくね?」というのなら、もう一つ手がある。


東アジア連盟を脱退してASEAN連盟に入ればいい。
これも「日本は大陸とつながってない海洋国家ですよーだ」の論理で通せる。
こちらだってオーストラリアが入っているのだ。

去年のアジアカップとかこの前の埼スタのタイ戦とか見てると、タイとかベトナムとかの新興国、一度国内サッカー界がリセットされたにもかかわらず優勝したイラクとかは、これまでのアジアのサッカーの主流「格闘技サッカー」じゃない。
で、そっちの方が世界の主流に近い。

日本代表の将来の正常進化を考えるならば、東アジア選手権などという「反日国が合法的に日本人を殴ったり蹴ったりできる公開処刑場」なんかじゃなくてASEAN選手権(旧タイガーカップ)に出た方が、どれだけ得るものの大きいことか。

日本をASEANと呼ぶのが不自然なら、頼み込んで環太平洋連盟とかパンパシフィック改称してもらえばいい。パンパシフィック選手権に日本とオーストラリアから出てるんだから(G大阪とシドニーFC)、何とかなるはずだ。


今こそ、海洋国家日本の利点をフルに生かすべきである。サンフランシスコ講和条約で領土を放棄した意味が今、活きてくるのである(←不謹慎)。


東アジア連盟の事務所は東京?…「アジアの中心だから」とか何とか言っておだてて中韓に渡せば何とかなる。(←また不謹慎)

posted by SUN'S SON at 23:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

うわぁ…

佐藤洋平コーチの現役復帰のお知らせ(磐田公式)

引退していた佐藤洋平>ピントですか。

実力の世界とはいえ、ここまで引っ張ってこれはかわいそうすぎる…
posted by SUN'S SON at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

日立台最寄駅建設を期待する

昨日、妹の結婚式があった。
妹の友人も招待されて何人か来ていた。僕も知っている人。

その人と僕との会話。

「お兄さんって、今どこに住んでるんですか?」
「柏だよ」
「柏のどこ?」
「(胸を張って)日立台。レイソルのスタジアムのそばだよ」
「あぁ、柏の葉〜!」
「………」

…レイソルサポならずとも、サッカー見る人なら日立台といえば一発でわかるわけだが、サッカーを見ない人には柏の葉の印象が強いんだよなぁ。

でも、実は無理もないことなんである。
理由は明らか。

柏の葉
・TXの駅名にもなっている
・駅にはショッピングセンターがある
・東大がある。

日立台
・サッカー場以外は民家ばかり

つまり「日立台周辺はサッカー場以外のランドマークがない」ということにつきる。

「イオンのショッピングセンターがある」と言っても、まだ知名度は薄いし、何より結構遠い(国道6号線沿い)。

まあ、住宅地の真ん中にあって、「生活がスタジアム」を具現化してるところが日立台のいいところなんだけど、場所の説明には結構困るねぇ。
「駅で言えば柏と新柏の間」と説明してるんだけど、これもいまいち説得力がない。


日立台のそばの常盤台(ときわだい)の人が、東武鉄道に「常盤台に駅を」と地味に活動しているんだけど、駅ができたら日立台の説明もしやすくなる。「常盤台駅から徒歩10分」ですむんだから。
実際、常盤台のバス停は通勤客の乗降がかなり多いから、近くの線路に駅を作っても採算は取れると思う。午後10時台に終わるバスも気にしなくていいし。

問題はバスの乗降客が使ってるのが同じ「東武」バスなことと、通勤に限って言えば、駅ができたところで柏駅へのアクセス時間はバスと比べてほぼ変わらないところだが…。

でもやっぱり日立台の近くに駅ができる意味は大きい。サッカー場へのアクセスもぐっと楽になって集客アップ、スタジアムの改修の採算見込みにも明るい材料が増えるわけだから、レイソルも一緒に東武に働きかけてみたらいかがだろうか。
posted by SUN'S SON at 17:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。